本日からは、真面目に株ブログ的な記事を書いていきたいと思います。


内容は、先日お伝えしていた通り、●2749 JPHD についてのファンダメンタルズ分析を、数回に分けて行っていきたいと思います。


まず、●2749 JPHD という会社の説明です。


株式会社JPホールディングス ホームページ

YAHOO!ファイナンス JPHD



こちらの会社は、「保育園運営等の最大手」みたいですね。


また、保育用品販売や給食なども展開しているようです。





業績情報


まず、いつものように売上高、営業利益、経常利益、純利益ですね。



売上高:その名の通り、いくら売り上げたか。



営業利益:売上高から原価販売費(販売するためにかかる経費。営業担当者の給料や交通費、広告宣伝費、販売促進費など)と一般管理費(会社を運営するためにかかる経費。役員報酬や管理部門の社員の給料、事務所の家賃や水道光熱費、通信費など)を引いたもので「本業で稼いだ利益」



経常利益:営業利益に「営業外収益」を加え、「営業外費用」を引いたもの。「営業外収益」は、企業が投資した証券、不動産などの副業で得たお金。「営業外費用」は、借入金の利息や財テクにおける損失などのこと。



純利益:経常利益から「特別損失」「特別利益」(不動産売却や災害などで一時的に発生した損失、または利益)や「税金」の支払い額を引いて残ったもの。「最終的に手にできる利益」。



そこで、●2749 JPHD を見ていきましょう。


JPHD売上高


株式会社JPホールディングス 財務ハイライト




売上高、営業利益、経常利益、純利益ともに、3期連続で増益中の会社のようですね。


若干、TOPIX(下図)の上下変動と似ているようですが、たぶん業種的に内需型になり、世界経済にあまり影響を受けないと思われます。


トピックス



こちらの会社、2021年期の業績予想は「増益」予想と、2020年5月13日に出しております。

株式会社JPホールディングス 20年3月期 決算短信




コロナ禍で、2021年期は「減益」予想か、未発表の会社が多い中、強気の会社みたいですね。


まぁ、確かに保育園はあまり休園にならなかったし、国から補助金も出ているみたいだし(たぶん)、そこまでの影響はないかもしれませんね。




次回は貸借対照表で、「自己資本率」と「流動比率」から、こちらの会社の財務体質を見ていきたいと思います。




【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●2060 フィード・ワン 186円×300株
●6400 不二精機 276円×100株
●2749 JPHD 275円×100株




【今月の確定損益結果】
±0円




※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



#株 #投資 #少額 #銘柄 #資産形成 #損益 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析