1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。


どうですかね?


とりあえず今年は厳しそうな相場になりそうです。


個々では頑張っている銘柄もありますが、さすがに地合いの余波を受けます。


次の決算期までは多少は乱高下ありながら→↓↘でしょうかね。

ってことは、そのあとは昇竜拳ってことで、今年の後半は爆上げということでよろしいですか?



ということで週間報告。



2022年7月週間報告(第1週)


私とその他指標との損益推移です。


2022.7.1



先週比は私が-1.0%、TOPIXが-1.1%、日経平均が-1.9%、マザーズが-2.6%でした。


地合いも悪かったんですね。



せっかく、プラ転になりそうだったのに、期待を裏切られ、またプラ転かと思わせて、落下。









心を弄びやがって!!
(屮゚Д゚)屮





配当金が少しばかり入ったので、多少の損を埋める形に…。


キャピタルゲインが取れないのを、少ないインカムゲインで補う…











オレから資産を貪りやがって!!
(屮゚Д゚)屮







ポートフォリオはこちら。


2022.7.1.ポート





●7201 日産自動車 が、急激な下げです。なぜか分かる人がいたら教えてください。


こいつはいつまで経ってもプラ転しません。


でも、街中でノートやノートオーラは結構見かけるし、デイズやルークスはかなり見かけるようになったなぁ。



最近の日産自動車のフォルムやフロントって結構カッコいいよね。




残りの個別株は、結構踏ん張っている感じ…。



追加資金も貯まってきたし、何かを買い増ししたいんだが、なんか相場が下げそう。




突っ込んでいくのが怖い…。





そうこうしてたら、株価が騰がって買い時を見失いそう…。






と、常に養分なオイラです。
(p_q*)シクシク








私が特に参考にしている本はこちらです。今の相場だとVE投資法ですかね。

ご本人はすでに億り人になっているようですが、とても分かりやすくまとまっています。

長期投資に関する内容で、初心者から中級者まで勉強になると思います。






※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


株式長期投資ランキング




【少し反響のあった記事をリライトしています】
  • 2022.6.26 リライト



私のメインの運用方法は以下の2つです。


②割安株の「株価是正」を狙った運用方法

です。




今回は「割安株の株価是正を狙った運用方法」についてお話したいと思います。



◆◆合わせて読みたい◆◆






「割安株の株価是正」



こちらは簡単ですね。


企業価値に対して、1/2以下で評価されている場合、株価是正が入れば2倍高
企業価値に対して、1/3以下で評価されている場合、株価是正が入れば3倍高


になります。




私の保有銘柄でいうと、


●6670 MCJ
●2749 JPHD
●7201 日産自動車(今期)
●7792 コラントッテ(来期予想)


が、これにあたりますね。



例えば、●2749 JPHD の場合で考えると…

2022年6月3日時点の株価は226円でPER8.7倍です。




仮にPERが10倍になった場合は260円

仮にPERが15倍になった場合は390円


と株価是正が入れば保有しておくだけで株価が2倍近くなります。



しかし、いつ是正が入るかは分かりません。
。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


(でも最近株価騰がってきたな…。)




PERが低いという事は、市場からは見向きもされていない不人気株であるとも言えます。


1年、2年…もしくは、ずっと割安株かもしれません。


相当な握力が必要です(´Д⊂)。



ただ何かの思惑で騰がることがあり、その中で当社の企業価値に気づくこともあると思いますので、それを狙っています。




しかし、割安(バリュー)株を選択する場合は注意が必要です。



「成長率が低下して(もしくは赤字続き)でPERが割安になっている」場合は、私の銘柄選択には入りません。



成長率が低下(もしくは赤字続き)しているということは、今後は利益縮小(もしくは減益)になりますので、それに合わせた株価是正が入り、さらに株価が下がるリスクがあります。




このため、割安株だけでスクリーニングして銘柄選択を行ってしまうと痛い目を見る可能性もあると思います。



私が割安株として保有している●2749 JPHD は、激しい成長率はありませんが、純利益は一応増加しています。

JPHD22年通期売上

(上図は2022年期通期より抜粋)



ただ、保有して2年以上経つけど株価是正はありませんけど(p_q*)シクシク。

むしろ株価下げてる('A`|||)。





なので、やはり「成長株で割安」というのが魅力的ですね('▽'*)ニパッ♪。



だいたい100銘柄探して1銘柄ぐらいしか見つけることができませんでしたが(TДT)。






あくまで私が買える範囲内の株価ではのお話ですよ。




次回は「ギャンブル(リスク高い)銘柄選択」についてです。






株式投資の勉強は、まずは無料セミナーから感じを掴んだ方が良いと思います。

こちらの「株式投資体験セミナー」は無料のWEB体験セミナーなので、お手軽です。


株式投資体験セミナー




しっかり勉強したい方は、オンライン学習プログラム「Grow」を。






※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


株式長期投資ランキング





【少し反響のあった記事をリライトしています】
  • 2022.6.26 リライト


私のメインの運用方法は以下の2つです。

①成長株の「利益増による株価是正」を狙った運用方法
②割安株の「株価是正」を狙った運用方法

です。




今回は「成長株の利益増による株価是正」を狙った運用方法についてお話したいと思います。



◆◆合わせて読みたい◆◆







成長株の「利益増による株価是正」


まずは、図で説明した方が分かりやすいと思います。


成長率の違い


縦軸は利益、横軸は年数とします。



そして

色が成長率20%企業
色が成長率10%企業
色が成長率2%企業


です。


図でも分かるように、成長率20%企業だと、利益が4年で2倍になります。



長期的に見て企業業績に合わせて株価が騰がると仮定すると、株価は4年で2倍になることになります。




これを根拠に「成長株の利益増による株価是正」狙いながら銘柄を選択しております。




また、ここでポイントなのは…


①PER10倍で成長率10%の企業よりは
②PER20倍で成長率20%の企業


購入します。


(もちろんPER10倍で成長率20%の企業があればそれを選びますが…)




購入した時点では、どちらも一緒のように見えますが、




成長率10%の企業だと利益が2倍になるためには10年かかり
成長率20%の企業だと利益が2倍になる期間は4年で済みます。




私の夢は前述した通り「若い内に小金持ちになる」事ですので、「割安(バリュー)株」よりも「成長株」に目をつけて銘柄選定を行っております。


私の保有銘柄でいうと…


●2749 JPHD 年18%成長 PER21.5倍
JPホールディングス|2749|ファンダ分析ーまとめー

●6670 MCJ 年14%成長 PER11.9倍
MCJ|6670|ファンダ分析 ーまとめー

●7792 コラントッテ 年34%成長 PER14.9倍
コラントッテ|7792|ファンダ分析ーまとめー


の3銘柄ですかね。





現在、私が買える範囲内の銘柄ではこのくらいだと思います。


しかも、現在の株に資金が流入しすぎている状態では、成長率が高い企業のPERはかなり高くなっているので、素人過ぎて手が出せません('A`|||)。



次回は、「割安株の株価是正を狙った運用方法」についてお話します。






株式投資の勉強は、まずは無料セミナーから感じを掴んだ方が良いと思います。

こちらの「株式投資体験セミナー」は無料のWEB体験セミナーなので、お手軽です。

株式投資体験セミナー




しっかり勉強したい方は、オンライン学習プログラム「Grow」を。








※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


株式長期投資ランキング




このページのトップヘ