1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。


本日も日経平均、TOPIXともに上げていましたね。


私の戦士たちは周りには流されない、信念をお持ちのようです。


それはそれとして…



先日、家の郵便受けに「封筒」が入っていました。



郵便受け



送り主は役所からでした。



私は以前、役所からの通知で痛い思いをした事を記事にした事があります。

あいつがやっと来た。



「今度こそは…給付金だろ」。「グヘヘッ」。


と、少しドキドキしながら郵便受けから封筒を取り出し表面を確認してみました。






「〇〇税納税通知書」





「クソがっ‼」


配達員が投げ捨て



「またしてもやってくれたなぁ!?」


「民を虐めて面白いんかっ!?」



などと思っていたら、郵便受けにはもう1通、役所からの封筒が入っていました。





やっと来ていました。


「特別定額給付金申請書」



今か今かとメチャクチャ待ちました。





サイヤ人編で悟空を待ちわびるクリリンと悟飯ほどに。




それにしても、給付金と納税書を同時に送り付けてくる役所。





「給付して、かつ納税させる」



最高のお役所仕事だぜ。




というしょーもない雑記も書いてます。
カテゴリ: 雑記





【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●2060 フィード・ワン 185円×200株
●6400 不二精機 276円×100株
●6192 HyAS&C 168円×100株
●2749 JPHD 275円×100株


【今月の確定損益結果】
±0円


※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



#株 #投資 #少額 #銘柄 #資産形成 #損益 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析



また株価は上がりましたね。

私の戦士達は、ほぼ下がりましたけど。


とりあえず今回は、ROAとROEを見ていきたいと思います。



①ROA(総資産利益率:総資産に対する利益の割合)

一般的に、ROAは5%を超えていると優良企業とされているみたいです。



②ROE(自己資本利益率:自己資本に対する利益の割合)

一般的に、ROEは10〜20%程度で優良企業とされているみたいです。


また、負債が大きい企業の場合ROAとROEとの差が大きくなるみたいです。




それでは、●6192 HyAS&C を見ていきましょう。


HyAS&C ROAE

HyAS&C.inc. IRライブラリ 決算短信


私は、割安&成長株を探しておりますので、あまりROAは気にしておりませんが、5%強とまぁまぁです。



ROEの方も約20%と高く、近年は少し戻してきているようです。


もしかすると、利益率が上がったというよりかは、自己資本率が下がってきたので、ROEが向上しているように見えているのかもしれません。



もうちょっと頑張って欲しい所になるかと思います。



(私のようなゴミ株主がどの立場で言うとんねん)





次は、成長株を判断するのに必要な成長率を確認しましょう‼





<PR>

株式投資の勉強は、まずは無料セミナーから感じを掴んだ方が良いと思います。

こちらの「株式投資体験セミナー」は無料のWEB体験セミナーがあるので、お手軽です。


株式投資体験セミナー



しっかり勉強したい方は、オンライン学習プログラム「Grow」が良いかと思います。

動画は約10分程度で、スキマ時間に勉強ができ、講師にも質問ができ、疑問も解消しやすいです。








【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●2060 フィード・ワン 185円×200株
●6400 不二精機 276円×100株
●6192 HyAS&C 168円×100株
●2749 JPHD 275円×100株



【今月の確定損益結果】
±0円


※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。






今日も日経平均、TOPIXともに上がってましたね。

もうコロナ禍の前に戻りつつありますね。


やっぱ良く分りませんねぇ。



引き続き●6192 HyAS&Cのファンダ分析をしようと思います。



今回は、貸借対照表で「自己資本率」と「流動比率」から、こちらの会社の財務体質を見ていきたいと思います。



①自己資本率

まず「自己資本」とは、調達したお金のうち、返済義務のないお金のことです(資本金や利益剰余金)。

そして、「自己資本比率」は、会社が調達したお金の内、銀行などに頼らず、株の発行や資本金などで調達したお金はどれくらいの割合か?を表す指標です。


一般的には、自己資本比率は高ければ高いほど良く、40%以上だと健全、50%以上になると非常に優良な財務体質と言われているみたいです。



②流動比率

「流動負債」(短期で返済しなければいけない借金)と「流動資産」(すぐ現金に変えられる資産)の割合を計算して、企業の短期的な支払い能力を判断する指標のようです。


流動比率も、数値が高いほど良く、200%以上が理想的とされている。逆に、100%を切っている会社は支払い能力が低く、資金繰りが苦しくなっている可能性があると言われているみたいです。



それでは、●6192 HyAS&C を見ていきましょう。


HyAS&C.inc. IRライブラリ 決算短信



HyAS&C自己資本


…ちょっと下がって来ていますね。


自己資本率は40%弱、流動比率は100%強とギリギリラインに来ています。


この時点では、財務的にちょっと危ない(次の年に現金等が増えないと火の車になっちゃう)感じがします。




続けてキャッシュフローでお金の流れを見ていくとしましょう。




①営業活動によるキャッシュ・フロー

本業で得たキャッシュでプラスが多いほど良いとされているみたいです。



②投資活動によるキャッシュ・フロー

設備や株式など、企業は利益を得るために先行投資を行うものみたいです。



③フリーキャッシュ・フロー

営業CFと投資CFを合わせたキャッシュ・フローみたいです。
家計で言う貯蓄とかに当たるのかな?




では、●6192 HyAS&C のCFはどうでしょうか?


HyAS&C CF


とりあえず、営業CFは4年連続プラスですので、家計でいうとしっかり稼いで給料を家に入れてくれているみたいですね。

ただ、2018年に大きく借金(投資CF)をしているみたいです。


ですので、フリーCFはここ4年では平均するとマイナスということになります。


たぶん、これで自己資本率や流動比率が減ってきているのかな?



知らんけど。



では、2018年に大きく借金(投資CF)した理由は何だったのでしょうか?


HyAS&C 投資


モデルハウス展開は必要でしょうね。


事業譲受に結構支出しているみたいですね。



HyAS&C については、2017年時点ではキャッシュリッチ(借金がほぼ無い)企業みたいなので、2018年の投資CFは今後、規模拡大のためには必要だったんでしょう。



(たぶん。)



とりあえず、また少しだけキャッシュを取り戻してもらえれば大丈夫ではないでしょうか。




次は、ROAとROEを見ていきましょう。







株式投資の勉強は、まずは無料セミナーから感じを掴んだ方が良いと思います。

こちらの「株式投資体験セミナー」は無料のWEB体験セミナーがあるので、お手軽です。


株式投資体験セミナー



しっかり勉強したい方は、オンライン学習プログラム「Grow」が良いかと思います。

動画は約10分程度で、スキマ時間に勉強ができ、講師にも質問ができ、疑問も解消しやすいです。







【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●2060 フィード・ワン 185円×200株
●6400 不二精機 276円×100株
●6192 HyAS&C 168円×100株
●2749 JPHD 275円×100株



【今月の確定損益結果】
±0円


※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。




このページのトップヘ