1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。


 今回は、PEGレシオについて書いていきます。



ノムラシステムのPEGレシオ






PEGレシオ(倍)=予想PER(株価収益率)÷今後3年~5年間の予想EPS(1株益)成長率。


PEGレシオが1倍割れなら、その株は割安株とされるようです。



そこで、●3940 ノムラシステム を見ていきましょう。
(※今後の成長率は私には分からないので、近年の1株益をもとに成長率としています。)



ノムシス成長率




以前お話ししたように、1株益は減少傾向ですね。


ノムラシステムのPEGレシオを考えることは、私としては非常に難しいことです。



今までの保有銘柄では、1株益は増加傾向だったので、今後も大事が無い限りは成長を続ける可能性が高い企業でした。


このため、PEGレシオの判断は比較的簡単でした。




今回の●3940 ノムラシステム の場合は、ファンダ分析後回しのイナゴ買いでした(*゚∀゚)っ。



普通ならすぐに売却していましたが、今回のコロナ騒動で日本のIT化やDX化が急速に進むことが予測され、一応保有している形をとっています。



ということで、●3940 ノムラシステム の場合はPEGレシオの計算はやめにして、企業内容やどのような事業形態なのかを改めてしっかり確認するとしましょう。




ノムラシステムの事業形態とは?


独SAPのERP(統合基幹業務システム)導入コンサルや保守を軸とし、独自テンプレートも開発している会社みたいですね。


独SAP:ビジネスソフトウェアの開発・販売を手掛ける多国籍企業で本拠地がドイツ。



ERP:ERP(Enterprise Resourse Planning)という手法によって、経営のあり方、業務のあり方を全社規模で最適化する手法



なので、●3940 ノムラシステム という会社は、SAPのERPという手法を使用し、経営・業務最適化のコンサルを主軸とする会社のようですね。



ホームページ上の説明の方が分かりやすいですね。
ERPについて ノムラシステムコーポレーションホームページ




このため、「Dx関連株」ということになります。


人材不足、コスト削減、リモートワーク、経営・業務効率化などが必要になってきている昨今、注目されている業種であると思います。




1.沿革と売上推移


ノムシス①

ノムラシステムコーポレーション 2019年12月期決算説明資料


売上は増加傾向のようですね。


上場してから約4年なので、詳細情報は分かりませんが…。




2.ストックビジネス

こちらの会社はストックビジネスみたいですね。


このサイトが分かりやすいです。
ストックビジネスとフロービジネス ATカンパニー株式会社


ストックビジネスとは、顧客を囲い込み持続的にサービスを提供しながら長期的に収入を上げていこうという考え方です。



このため、今後●3940 ノムラシステム にコンサルティングなどの受注が増えていくと、長期的に安定した収益を上げることができる可能性が高いということです。


今のところIRニュースでは、受注は多いみたいなので、今期は増益してくるでしょう。



今後のDX需要はほぼ間違いなく上がっていくかもしれませんが、PEGレシオの判断はつきかねます。




ただ現時点で「割高」なのは間違いないです。ただ将来性を加味すると…






やはり判断がつきませんノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!







【参考にしているメディア・本など】



◆◆無料登録でおすすめ銘柄を無料配信◆◆





◆◆1株単位で数百円から株が買える◆◆

LINE証券口座開設






※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


株式長期投資ランキング





また保有株価下がっとるやんけ…。



【サガットる】
使用方法:保有株価が下がっている時、もしくはストⅡで「サガット」を使う人を見た時。しかし「サガット」を使っている人は2020年10月時点で発見されておらず、「幻の眼帯短パン筋肉ムキムキン」と言われている。



ちなみに身長は226㎝。「人間山脈」と呼ばれた「アンドレ・ザ・ジャイアント」の身長は223㎝。



それほどの高身長でもあるに関わらず、「ザ・ジャイアント」を名乗らなかった武士道精神には拍手を送りたい。いや新しい眼帯をYahoo!ショッピングで買って送ってあげよう。




ちなみに、最近の私の保有銘柄達はさんざんな結果である。




損益推移率はこちら。



2020.10.3
(※追加資金投入は勘案せず、保有銘柄の損益率のみ反映)



やはり下がっとる…。間違いなく下がっとる。私はストⅡでは「ケン」を主に使っていたのに、下がっとる。ちなみにスマブラではマリオの使い手。結構強いと自負している。ちなみに64時代。




私のポートフォリオはこちら。


2020.10.3.ポート




今週は地合いも悪かったようだが、保有株は全部先週比マイナス



●3940 ノムラシステムは分かる。


今でも実力以上の評価(株価)を受けている。DX関連銘柄であるからだ。






意味が分からんのが、●2060 フィード・ワンだ。




ここ数年は増益中であり、PERも8.9倍とかなりお買い得。








あ、そうだ。株式併合したんだった。





だいたい株式併合後は下げるもんなぁ。




今度の決算で少し流れが変わると良いが…。



なんか途中から真面目な感じになってしまった。






【参考にしているメディア・本など】



◆◆無料登録でおすすめ銘柄を無料配信◆◆

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!



◆◆1株単位で数百円から株が買える◆◆

LINE証券口座開設



◆◆株の基本や長期投資についての本◆◆

株素人だった私が参考にしている本は「エナフンさんが執筆した本」です。

株式のことが素人にもとても分かりやすく書かれています。






※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


株式長期投資ランキング






今回は、適正株価についてを書いていこうと思います。





適性株価




適性株価を考察するにあたり、まずはEPS(1株当たり純利益)についてを説明します。


EPS(1株当たり純利益)とは、会社の最終利益である純利益を、発行済み株式数で割ったものです。



純利益が1000万円で、発行済み株式数が10万株の場合のEPSは、1000万円÷10万株=100円になります。


この会社の利益は1株当たりだと100円ということになります。




そして、現在のこの会社の株価が3000円だとすると、EPSが100円だから、その30倍の値段がついているとなります。



この「30倍」がPERで、PERとは「今の株価が“1株当たりの純利益”の何倍なのか」を表すものです。



一般的にPERは15倍を基準にされているようで、15倍より高いと「割高」、15倍より低いと「割安」とされているようです。



それでは、●3940 ノムラシステムを見ていきましょう。

(私が自分で計算したものですので、合っているか分かりませんが…)




ノムラシステムの適性株価


私が購入した日の株価は470円でした。



2019年期の純利益から計算すると、PERは約44.9倍です。



成長株のPERは、通常のそれとは違い、PERは20倍~25倍と言われています。



それを差し引いて考えても…





割高も割高、チョー割高じゃん(゚∀゚)アヒャヒャ




それもそのはず、ワタクシはファンダ分析もせず、イナゴしてしまい購入したからです。
株素人がイナゴライダーした結果…。







イヤ、待て。




待てよ。




ちょっ、待てよ。





と。





今年のノムラシステムは違うぞ…と。






このコロナ禍で、リモートワークはもとより仕事の効率化が求められ、また国内のIT対応への遅れが露呈されました。


さらに菅政権発足後、デジタル庁新設やデジタル改革大臣発足など、一気に日本のデジタル化が進みそうですよ…と。




このため、DX(デジタルトランスフォーメーション)関連会社へのコンサル、システム発注が集中し、DX関連会社の売り上げが伸びる可能性はだよ…と。




DX関連株である●3940 ノムラシステム も業績が良くなるから、PERが下がるだろうから適性株価に近づくんではなかろか…と。














はたしてどうでしょうかね?




仮に業績が今年伸びたとして、適正な株価になるための売上高はいくら必要なのか計算してみました(営業、経常、純利益などに関わる割合を抜きにして単純計算)。



ざっくり言うと…






売上高が2019年期の約2倍まで上がれば、PER20倍~25倍の範囲に収まります。







これが簡単か困難な数字なのかどうかは、はっきり言って分かりません。






自分の年収を1年で2倍に上げると考えると、かなり難しい気もしますね(´?д?;`)



私の短い投資経験上では、決算報告で「前期比200%増」なんて企業はあまり見たことがありません。




まぁ、株価なんて意味分からん動きしますからね。またPERや業績が全てではないですからね。ましては株価は半年~1年先ぐらいを予見する形で動くらしいですからね。



ノムラシステムもありえない話ではないかもしれません。




結局…





何も分からん(`ヘ´) フンダ!!!






次回は、PEGレシオについて書いていこうと思います。





【参考にしているメディア・本など】



◆◆無料登録でおすすめ銘柄を無料配信◆◆

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!



◆◆1株単位で数百円から株が買える◆◆

LINE証券



◆◆株の基本や長期投資おすすめ本◆◆

株素人だった私が参考にしている本は「エナフンさんが執筆した本」です。

株式のことが素人にもとても分かりやすく書かれています。






※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


株式長期投資ランキング




このページのトップヘ