1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。


今週は地合いはまぁまぁ。

ワタクシの戦士たちは、6銘柄中4銘柄が下げ。


いつになったら花開くのか。一生開かない花なのかv( ̄∇ ̄)v。 



とりあえず、週間報告です。



◆◆株の勉強は必要◆◆







2021年6月週間報告(第1週)


とりあえずこれまでの推移と、その他指標との比較から。


2021.6.1


1回上がったと思ったら、また下げです。


先週比は、私は-1.1%、TOPIXは+0.6%、日経平均は-0.7%でした。

3月から11週中9週は下げてます。







やっべぇぞ(*゚∀゚)っ!!




その理由はこちらのポートフォリオで。

2021.6.1.ポート




●2060 フィード・ワン の予想外の下げが続いています。

PERは6.6倍とかなり割安水準になりました。


あと11連騰して善戦していた●6670 MCJ が下がってきました。2日連続で下げました。

この下げが一時的なものなのか、1月と同じように3桁台まで落ちるのか…。


このMCJには踏ん張ってもらわないとエライ事になっちゃう(ノ◇≦。) ビェーン!!

まだまだ割安水準なのでもうちょっと上げどまってくれ。
(今期予想は成長株としては最悪だけど)




あと、資金を4万円追加しました。


これで今年の追加資金投入額は5万円になります。


そこで、●2749 JPHD を買い増ししました。



買い増しした直後からの下げです。PERはかなり割高なのでしょうがないか…。

決算からあまり落ちてなかったので大丈夫かなーとか思ってたけど、少し下がりました。


だいたい株はいつもこんな感じです。高値掴みなのです(p_q*)シクシク。




もうちょっと追加資金を貯めて、フィード・ワンを買い増し予定です。



というか、おそらく下がり続けるであろう●3940 ノムラシステム をどうしようか迷っています。

一応、今後イナゴ買いをしないように戒めで保有したままにしているんですが、持ってても意味無いし( -д-)ノ。




◆◆まずは金融リテラシー高めて資金が必要◆◆




◆◆お家時間には漫画ですね◆◆





※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング







という内容で、今日はスタートしたい。



今、私の中で流行っている事は、「いい天気ですね」や「今日も暑いですね」という、日常的に使用し、数秒で話が終わってしまうフレーズを、どこまで面白く深い記事にできるのかに挑戦することである。 



私の中で流行っていると言っても、かれこれ数ヶ月規模で流行っているのではない。











たった今から「これやろう」と思っている。













ということは、もはや流行っていない。





嘘である。








ただ、流行っているという謎のプライドを持ちながら、この記事を書いていこうと思う。なにゆえ?






しかし、何をするにしても目標が大事である(と誰かが言っていたような気がする)ため、目標を立てることにしよう。



では、目標としては「いい天気ですね」のフレーズを、「Yahoo!天気」検索ランキングで第1位に輝かせることを目標としよう。





なぜかこの目標は達成できるような気がしてやまない。


私には神がかっている力があるのか?神通力か?…定かではないが、なぜか達成できそうな予感がする。






では、始めていきたいと思う。






まず、この「いい天気ですね」のフレーズは、およそ初対面の人と会話をする時の常套句だろう。



私:「はじめまして」
初対面の人:「どうも、はじめまして」

私:「…いい天気ですね」
初対面の人:「そうですね」




こういうやり取りは、皆さんもご経験があるのではないだろうか。



では、なぜこの「いい天気ですね」のフレーズを使用してしまうのかを考えてみたい。





おそらくそれは、理性のある人間だからだ。



普通の人間は、初対面の人と会話する時に、会話に詰まり、「・・・・・・・」の間が、非常に気まずい。



このため、次の会話の内容を考えるための時間稼ぎ役として、「いい天気ですね」が選択される。





しかしこの、「いい天気ですね」のフレーズ選択は非常に理性があり、品性をも感じる。




得てして理性がなく、品性のかけらもない人間だった場合、その場は恐ろしいことになるだろう。








例として、私がアナリティクス大好きおじさんだったとしよう。このアナリティクスというのはあれだ。分かりますか?あれです。そうあれ。良く耳にするあれ。それに相互変換が必要。






私:「はじめまして」
初対面の人:「どうも、はじめまして」

私:「…いいアナリティクスですね」



と、こうなってしまう。



「イヤ、なぜいきなりアナリティクスだ。」


と、トータルテンボスの藤田の如く突っ込みが入るだろう。






「いや、アナリティクス全開て、初対面の人はどんな奴やねん!!」


という「設定上のバグ?」という疑問すら生じてくる。




しかし、仮にその状態だったとして、挨拶が成り立つのかを一応確認してみよう。










私:「はじめまして」
初対面の人:「どうも、はじめまして」

私:「…いいアナリティクスですね」
初対面の人:「いえいえ、どんでもない…♡」




非常にしっくりきている。





次回から、初対面の人と会う時には、「いいアナリティクスですね」も常套句の1つとして頭に入れておこう。





















アナリティクスの話になっている…。





「いい天気ですね」の話にはなっていない。



このままでは「いいアナリティクスですね」が検索ワード1位になってしまうし、私はアナリストになってしまう。




教育水準の高い日本として、これはいけない。





時を戻そう…。





この「いい天気ですね」というフレーズを使う機会の多い、初対面の人との会話の所まで話を戻す。



「いい天気ですね」を使用する時に、私たちは何を求めているかというと、おそらく時間稼ぎであり、「・・・・・・」の気まずい間を嫌うのだ。



しかし、大抵の場合、「いい天気ですね」と話を振っても、「そうですね」の約1秒ほどしか時間を稼げない。



つまり、1秒後にはまた会話に詰まってしまうのである。


このため、少しでも時間を稼ぐために、この「いい天気ですね」にさらに常套句を加えて、カスタマイズをしたらどうだろうか?




つまり、「違う常套句+いい天気ですね」の形である。





では、さっそくやってみよう。



まずは、これも良く使う「恐縮ですが」でカスタマイズしてみよう。





私:「はじめまして」
初対面の人:「どうも、はじめまして」

私:「恐縮ですが、いい天気ですね」






いかがだろうか。



「恐縮ですが、あなたと会うためだけに、天候を操り、晴れにしておきました。ただ少し、世界の形を変えてしまいましたが。」


という解釈になると思う。




「え?お前さん、もしや天気の子?」




と会話が弾んでくるに違いない。



次回から、初対面の人と会う時には、「恐縮ですが、いい天気ですね」も常套句の1つとして頭の中に入れておこう。







次に、「逆の立場だった時に会話を盛り上げるにはどうするか?」を考えてみよう。


つまり、初対面の人から「いい天気ですね」と言われて、「なんと言葉を返すか」である。




例を挙げるとこうだ。

初対面の人:「はじめまして」
私:「どうも、はじめまして」

初対面の人:「…いい天気ですね」
私:「〇〇〇〇〇」



いかがだろう。


皆さんも考えていただきたい。





とりあえず、会話の引っ掛かりを見つけたいので、このように返答してみよう。












「そう思われた根拠を話してもらっても良いですか?また、それは証明された事実なのでしょうか?」








これだ。




これなら、話題に困って「・・・・・・」の気まずい間は幾分も生じない。


生じるとするならば、「え?何なん?こいつキモっ」と思われ、この初対面の人との軋轢が生じ、ビジネスがいきなり破綻するだろう。



しかし、ビジネスなど小さいことに気にしなければ、初対面の人との気まずい間は生じない。




初対面の人:「はじめまして」
私:「どうも、はじめまして」

初対面の人:「いい天気ですね」
私:「そう思われた根拠を話してもらっても良いですか?また、それは証明された事実なのでしょうか?」













いかがだっただろうか?


今回の記事テーマである『「いい天気ですね」という取り留めの無いフレーズを、どこまで面白くできるか挑戦してみた。』






【検証結果】
惨敗。



というしょーもない雑記も書いてます。
カテゴリ: 雑記







※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


素人投資家ランキング



#株 #投資 #少額 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析 #1万円  #育児 #家事 #雑記



①サラリーマンである
②家を購入した(多額のローンで)


この2点に当てはまると、普通では金持ちになれません。


前回は「①サラリーマンである」とお金持ちになれない理由をお話ししました。


<合わせて読みたい>



今回は「②家を購入してた(多額のローンで)」場合、お金持ちになれない理由をお話しします。



家を多額ローンで購入すると…



戸建てやマンションの営業の売り文句としては…


「月々の家賃と変わらないから買った方が良い」
「賃貸は財産にならんけど家を買えば財産になる」


とかですかね( -д-)ノ。




ワタクシもこの売り文句に普通に釣られまして、購入したクチですが…


まぁ「買って良かった」とは思いますが、もうちょっとよく考えて買えばよかったです。






まず…

1.月々の家賃代と変わらない


についてを話します。




確かに変わらない場合もあるでしょう。


しかし、賃貸の時とは違って「固定資産税」を払う必要があります。

また「テレビ放送受信料」も新たに必要になりました。


しかも賃貸の時は「住宅手当」がありましたが、戸建てを購入すると「住宅手当」は無くなりました( p_q)エ-ン。(これは会社にもよると思うが)



なのでお金で換算すると…

①固定資産税:月々1万円強
②テレビ放送受信料:月々5千円弱
③住宅手当無し:月々2万円~3万円


となり、少なくとも月々4万円弱の違いが出てきます。



月々の家賃代としては変わらないが、収入減や新たな支出が増える


ということです。





次に…

2.家は資産になる



という売り文句です。


ある程度は資産になるとは思いますが、人口減少が濃厚に予測されている日本で、土地と古い建物を誰が買うでしょうか?q|゚Д゚|p


相当需要は少ないと思いますので、ゴミみたいな資産額にしかならない可能性があります。
ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!



それよりも賃貸に住んで、債券や投資信託をしていた方が、よほど資産になると思います。






最後に「ローン」です。



ある程度の借り入れを行いますので、金額によっては、今の低金利時代でも500~700万円程度の利息を払う必要があります。



このため、さきほどの月々4万円×12ヶ月で、1年で約50万円の違い。

だいたい20年では1000万円になります。

それと利息を合わせると1500万円程度となります。



このため、50歳ぐらいで小さな平屋とかをキャッシュで買った方が良さそうな気もします。



子供部屋作っても、小学高学年~高校生までの約8年間ぐらいしか使わんし、部屋の無駄(/TДT)/。




ただ、騒音や汚れなど気になりませんし、思い出も残ると思います。

「実家」って感じがしますもんね。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \





結局、「賃貸or購入」の結論は難しいです。


皆さんの好きなようにしたら良いと思います。


ですが、少しずつ「夢のマイホーム」とか「一国一城の主」感覚は違ってきていると感じるおじさんです。




◆◆まずは金融リテラシー高めて資金が必要◆◆




◆◆お家時間には漫画ですね◆◆






※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング







このページのトップヘ