1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。


先日お話しした通り、●3323 レカム の分析を行ってみました‼


画像のアップの仕方が分からなかったりして、結構大変でしたが、それなりにできたと思うので見てあげて下さい。


まず、売上高、営業利益、経常利益、純利益ですね。

売上高:その名の通り、いくら売り上げたか

営業利益:売上高から原価販売費(販売するためにかかる経費。営業担当者の給料や交通費、広告宣伝費、販売促進費など)と一般管理費(会社を運営するためにかかる経費。役員報酬や管理部門の社員の給料、事務所の家賃や水道光熱費、通信費など)を引いたもので「本業で稼いだ利益」

経常利益:営業利益に「営業外収益」を加え、「営業外費用」を引いたもの。「営業外収益」は、企業が投資した証券、不動産などの副業で得たお金。「営業外費用」は、借入金の利息や財テクにおける損失などのこと。

純利益:経常利益から「特別損失」「特別利益」(不動産売却や災害などで一時的に発生した損失、または利益)や「税金」の支払い額を引いて残ったもの。「最終的に手にできる利益」。



そこで、●3323 レカム を見ていきましょう。


レカム損益



売上高は順調に伸びていますね‼


次に、「本業で稼いだ利益」の営業利益も順調に伸びていることが見てとれます。

気になるのは、第1四半期は大体マイナスになっていますね。これはなぜでしょうか?とりあえず、第1四半期決算で売却するかどうかの判断は難しそうなので、中間期決算まで保有になりそうです。

また2019年はがっくり下がっていますね。これはもうちょっと詳しくみてみましょう。

決算短信に書いてありましたね。


(以下、抜粋)
「国内環境関連事業における直販事業の不振及び卸事業での販売促進費用の増加等があったこと、及び海外法人事業においては、円高による為替の影響が収益を押し下げる要因となったこと等により…」


ちょっと良く分かりません。勉強不足です…。


次に、経常利益ですが、これも順調に伸びているようです。


最後に、純利益ですが、これも順調に伸びているようです。


ただ、売上高は四半期ごとにだいたい同じくらい増えているのに、その他3つは、第1四半期が低くて、通期になるとドンと増えている…。


これは何でだ?


誰か分かる人がいたら教えてください。



こちらの会社は、どちらかというと「テクノロジーを作って売る側」なので、「テクノロジーを使う側(会社)」が設備投資する(景気が良い)限り業績は伸びていくのではないでしょうか?

逆に、(景気が悪くなり)設備投資する会社が減れば業績も悪くなることが予測されます。

また為替にも影響されるみたいですので、景気や為替の影響をもろに受けそうですね。

しっかりと業績を見ておかなければいけない銘柄なのかもしれません。


レカム株式会社(RECOMM CO.,LTD.)IR





次は、貸借対照表で、「自己資本率」と「流動比率」から、こちらの会社の財務体質を見ていきたいと思います。







【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●8704 トレイダーズ 110円×100株
●3323 レカム 140円×100株
●2060 フィード・ワン 169円×100株


【今月の結果】
+1,100円



※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれている事は100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


素人投資家ランキング



#株 #投資 #法則 #少額 #中期トレード #銘柄 #資産形成 #損益 #成長株



※2020年7月26日リライト


とりあえず、2019年2月からのトレード、資金状況についてお伝えしたいと思います。


2018年5月から国内株式のトレードを始めました。その時は1万円でスタートしました。

最初はファンダメンタルズ分析でトレードしていましたので、良く分からず、お金が減っていきました。
そこでテクニカル分析に変更して、3万円ほど資金を追加し、2019年2月から再スタートをしました。


2019年2月 【総資金】  37,200円

2019年2月の結果 +3,900円  これまでの損益合計 +3,900円(+110.5%)

2019年3月の結果 -1,700円  これまでの損益合計 +2,200円(+105.9%)


ここでさらに1万円資金追加しました。


2019年3月 【総資金】  49,400円

2019年4月の結果 +3,400円  これまでの損益合計 +5,600円(+115.1%)


ここらへんで、パターンにはまる銘柄数が少なく、トレード回数が少なかったので、法則を探して、新しく1つ法則を見つけました。
なので、これ以降は「法則①」と「法則②」の2つにはまる銘柄でトレード開始しています。


その後の調子は以下の通りです。


2019年5月 +2,200
2019年6月 取引なし
2019年7月 +1,300円 追加資金10,000円
2019年8月 -5,400
2019年9月 -200円 追加資金10,000円
2019年10月 -1,000
2019年11月 +5,800
合計損益 +8,300
【総資金】 75,370円




と、ここまではテクニカル分析にてトレードを行っていましたが、なかなか安定して運用できなかった事と、働きながら運用するのは大変だったという感想です。



2019年12月頃から「ファンダメンタルズ分析」を行い、「割安(バリュー)株」「成長株」を見つけ出し、「長期投資」に切り替えることにしました。





次回以降の記事はそのような内容の記事になります。




はじめまして。よろしくお願いいたします。


もともと株式投資に興味がありました。

とりあえず自分のお小遣いの中の1万円を口座に入れて約2年程前から株式投資をスタートしました。


当初は、ファンダメンタルズ分析(企業の業績などに注目し、価値を分析)を行い、株式投資を行っておりましたが、元手が1万円と極めて少額で、購入できる会社数も50社程度と少なく、あまり売買ができませんでした。

またファンダメンタルズ分析は時間もかかり、仕事をしている私には、とても厳しい状況でした。


そこで、テクニカル分析(株の価格や売買高などの需給と、投資家との行動パターンに注目し分析)に変更し、今年の2月から新たに1万円株式投資生活をスタートすることとなりました。


私が行ったテクニカル分析は、「ある決まったパターンに株価の動きがはまっていたら、購入する」というものです。

また、統計結果をもとに、利益確定や損切ポイントも決めています。


このため、前日に株価チャートを確認し、はまっている株があれば買い、利確や損切値段を注文し、次の日の仕事が終わったら確認するというように、普段は仕事をしている私でも、それほど苦労なく行える運用方法でございます。



つまらない記事だとは思いますが、よろしくお願いいたします。



このページのトップヘ