今回は、時価総額の観点から書いていこうと思います。


ゼット株式会社 IR情報



決算短信の賃貸対照表の資産面から、現金及び預金は約40億あることが分かります。そして受取手形及び売掛金は約88億あることが分かります。なので、受取手形や売掛金が回収可能であれば、約128億現金を有していることが分かります。


そして、負債面では、支払手形及び買掛金が約67億あります。そして、短期借入金が約1億3千万、長期借入金が約8千万円であり、約69億円になります。


んで、これを引き算すると、約128億-約69億ですから、約59億円となります。

そして、私が調べた時の時価総額は約52億円です。

Kabutan 8135ゼット 基本情報




買収屋さんからすると、52億円で買収しても現金は7億円余るわけですから、もしかしたらいい条件の会社なのかもしれません(どのくらい諸経費が掛かるか知りませんが…)。


たぶん、そうなってくるとTOBみたいな感じで、株の買付(独占化)が始まって、株価が上がるんじゃないですかね?

もしくは、自社株購入などが進むかですかね。


このため、ゼット株式会社さんは、買収に対して対応策をとっているようです。

内容を読んでみると、株主の事を考えてくれてる感じがして、好感が持てます。


もしかしたら、このような対応というのは、株式会社としては当たり前のことなのかな?

私は、素人だから分かりませんが、しっかりと状況を判断して対応している立派な会社という感じです。




ちなみに、現金及び預金が約40億で有利子負債が約2億円とは、実質無借金経営みたいですね‼

素晴らしい‼



次回は、●8135 ゼット についてのまとめを書いていこうと思います。


【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●8135 ゼット 261円×200株
●2060 フィード・ワン 185円×100株
●3071 ストリーム 85円×100株


【今月の確定損益結果】
-400円



※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれている事は100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



#株 #投資 #法則 #少額 #銘柄 #資産形成 #損益 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析


スポンサードリンク