昨日の続きです。

とりあえず、売上高、原価、売上総利益の所が分かりました。

見た感じは、やや売上高↓で原価率がやや↑で、売上総利益↓だったという感じです。


次に有価証券報告書と合わせて、営業利益を確認しましょう。

ゼット決算営業利益1

有価証券報告書では、「販売費および一般管理費が増加」と書いてあります。


ゼット株式会社 20年3月期第3四半期 有価証券報告書


そこを確認してみましょう。

ゼット決算営業利益2

確かに、第3期は一般管理費、販売費が増えているような気もします。

その理由が、「販路拡大」「人員増加」と書いてあります。


本当にそうであれば、「販路拡大のために人員を投入した結果、一般管理費は増え、営業利益は低下したが、販路は拡大した」となると思います。


販路が拡大したということは、2020年通期は、売上が伸びると思いますので、予想通り最終益は520百万円行くのかな?(ちょっと厳しそうなので500百万円ぐらいかな?)

もしそうであれば、今期は低かったが、通期はやや期待できるかもと考えています。



長くなりましたので、次回に更新します。


次の記事の内容は、今期はやや業績が低下しましたので、「適正株価がどのくらいなのか」を書いていこうと思います。

それで、最終判断をしたいと思います。




◆◆合わせて読みたい◆◆









株式投資の勉強は、まずは無料セミナーから感じを掴んだ方が良いと思います。

こちらの「株式投資体験セミナー」は無料のWEB体験セミナーがあるので、お手軽です。


株式投資体験セミナー



しっかり勉強したい方は、オンライン学習プログラム「Grow」が良いと思います。

動画は約10分程度で、スキマ時間に勉強ができます。また講師にも質問ができ、疑問も解消しやすいです。






【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●8135 ゼット 261円×200株
●2060 フィード・ワン 185円×100株



【今月の確定損益結果】
+100円



※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれている事は100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



スポンサードリンク