雑記が書きたい…。雑記が書きたいが株ブログなので、株の事も書いておこう。


というわけで、久しぶりのファンダ分析シリーズの開始です。


約2ヶ月半ぶりですね。




銘柄は、●6670 MCJ という会社です。


最近買って、すぐ値下がりして、最近相場の流れなのか、ちょっと値上がりしてきました。




まずはいつも通り簡単な会社紹介からしていきます。





MCJとはどんな会社?


株式会社 MCJ ホームページ


有名なのは主要子会社に「MOUSE」というパソコンを開発・製造・販売している会社があります。



あの乃木坂46メンバーがCMに出て「マウス、マウス、パソコンマウス♪♪」でおなじみのあの会社です。





その他の主要子会社は、「パソコン工房」でおなじみの「ユニットコム」。


その他は、モニタの開発と欧州における販売を行っている「IIYAMA」。

また、アジア地域におけるPCおよびIT機器の修理・サポートを行っている「RLOGIC」など。



パソコン関連事業が主の会社です。



マウスコンピューターは大手ブランドより価格が安めなので、「デフレ関連株」になると思います。




エナフンさんが「3D」を話していました。

MONEY PLUS 億越え投資家・エナフン氏「コロナ後を見据える“3D”の銘柄」



ワタクシってば、エナフンさん参考にしすぎww。




3Dとは「デフレ」「デジタル」「脱炭素」です。


こちらの会社は「Eコマース」も元々やっているので「デジタル関連」としても良いのかな?




このため「デフレ・デジタル関連」で時流に乗っている企業だと思います。


また「テレワークが今後増えていくと、PCも売れるんじゃないかな?」という希望と、「PC関連で海外展開もしているので、国内需要が減ってきた場合に、PCも海外販売できるんじゃないか?」という希望が入っています。




というのは置いといて「成長・割安株」だったので購入しました。





業績情報



まず、いつものように売上高、営業利益、経常利益、純利益ですね。




①売上高:その名の通り、いくら売り上げたか。




②営業利益:売上高から原価販売費(販売するためにかかる経費。営業担当者の給料や交通費、広告宣伝費、販売促進費など)と一般管理費(会社を運営するためにかかる経費。役員報酬や管理部門の社員の給料、事務所の家賃や水道光熱費、通信費など)を引いたもので「本業で稼いだ利益」




③経常利益:営業利益に「営業外収益」を加え、「営業外費用」を引いたもの。「営業外収益」は、企業が投資した証券、不動産などの副業で得たお金。「営業外費用」は、借入金の利息や財テクにおける損失などのこと。




④純利益:経常利益から「特別損失」「特別利益」(不動産売却や災害などで一時的に発生した損失、または利益)や「税金」の支払い額を引いて残ったもの。「最終的に手にできる利益」。




そこで、●6670 MCJ を見ていきましょう。


MCJファンダ売上高


MCJホームページ 財務ハイライト



とりあえず今のところは売上高から純利益まで増益傾向ですね。



がしかし、このまえ購入して、株価は値下がりしています(´Д⊂)。




掲示板を見ていると、なんでも…



「成長が期待できなくなってきたから」




という意見もちらほらありました。




ワタクシには素人すぎて何が成長が期待できなくなってきたのか分かりません(ノ◇≦。) ビェーン!!



そこらへんは、いつか「PEGレシオ」の所で書くとしましょう。




次回は貸借対照表で、「自己資本率」と「流動比率」から、こちらの会社の財務体質を見ていきたいと思います。





【まずは勉強と資金が必要だと思います】


◆◆まずは金融リテラシー高めよう◆◆





◆◆株知識を学ぼう◆◆





◆◆1日約定代金合計50万円まで手数料無料◆◆

松井証券







※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


株式長期投資ランキング








スポンサードリンク