今回は、PEGレシオについて書いていきます。




PEGレシオ



PEGレシオ(倍)=予想PER(株価収益率)÷今後3年~5年間の予想EPS(1株益)成長率。



PEGレシオが1倍割れなら、その株は「割安株」とされるようです。





そこで、●6670 MCJ を見ていきましょう。
(※今後の成長率は私には分からないので、近年の1株益をもとに成長率としています。)


MCJ一株利益


MCJホームページ 財務ハイライト


MCJのホームページにある方が、株式分割を調整していて分かりやすいので、そちらの画像を貼っています。



1株当たりの純利益は、ここ数年は向上中で、約15%増加率です。


とりあえずは、上手くいっているようですね。



しかも「JPX日経インデックス400」構成銘柄へ選定されているみたいです。

東証二部上場企業として唯一選定されているみたいです。

MCJホームページ

JPX日経400・JPX日経中小型





ただ、PEGレシオを計算する場合、今後3~5年間も成長していくのかを考えないといけないので、予測してみることにします。




◆◆まずは金融リテラシー高めて資金が必要◆◆





3~5年後の業績予想


まずは、売上高・営業利益の推移から。


MCJPEGレシオ①


お話した通り、増益中です。





こちらがMCJグループです。

MCJPEGレシオ②



マウスコンピューターは、基本的には家電量販店などにも比較的安価なノートPCも卸して販売しています。


しかし、ゲームPCやクリエイターPCなどに対応したハイエンドユーザーへのPCも販売しております。




しかも、BTOのリーディングカンパニーです。




BTOとは「Build To Order」といって、受注生産を意味します。


客から注文を受けてから生産を開始するので、CPUやメモリ、SSDなど、客の要望に応じた自分だけのパソコンを提供することができます。




一般ユーザー向けの安価なPC販売がある一方で、ゲームPCやクリエイターPC、BTOというニッチなところもカバーしている会社です。




このニッチな部分は非常に重要です。



趣味というのは、その人にとっては際限なくお金をかけようとします。

その趣味が深くなるとどんどん深みにはまり、どんどんお金を落としていきます。



最近でいうと「キャンパー」や「家庭菜園」などですか。





PC好きも、おそらくソッチ系だと思いますので、お金をかける方は相当お金をかけるでしょう。




もともとMCJを購入した理由は「デフレ関連」として購入しましたが、隠れた「趣味系関連」のようです。


また、もともとEC(Eコマース)でPCの販売を行っていたり、今後は「デジタル関連」にも計画を進めているようです。


MCJPEGレシオ③



「デフレ関連」、「趣味系関連」、「デジタル関連」の3要素が入っているようですね。



時流にも乗っていますし、ニッチ系もあります。




ということで、今後3年~5年成長率は、近年の成長率より高くしても良いんじゃないでしょうか?




だいたい約20%とします。




んで、私が確認した時のPERは約11.9倍でした。




PEGレシオ(倍)=予想PER(株価収益率)÷今後3年~5年間の予想EPS(1株益)成長率ですので…




PEGレシオ(倍)=11.9÷20=0.595ということになり、1倍を割っています。




このため、PEGレシオの観点からは「割安」としていいんでしょうか?


ということで、やはり「買い」で。





次回は、ちょっと斜めからの分析「掲示板での評価」です。






◆◆株知識を学ぼう◆◆





◆◆1株単位で数百円から株が買える証券口座◆◆

LINE証券口座開設







※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


株式長期投資ランキング









スポンサードリンク