前回からの続きです。







職場で「なんでこんな無能な奴が上司なんだ?なんで役職就いとんねん」
(゚Д゚)ゴルァ!!


と思い、腹立たしく働いていませんか?



しかし、腹を立てても無駄。

それって当たり前の出来事なんです。



これは、「部下が優秀がゆえに、『上司が無能』と感じてしまう」とかではありません。




今回は「どうして無能な上司は存在するか」を書いていこうと思います。





まずは、有名な「ピーターの法則」について書いていこうと思います。


1969年、南カリフォルニア大学教授の教育学者「ローレンス・J・ピーター」が提唱したとされている法則です。




この法則は、組織構成員の労働に関する社会学の法則で、以下の3点に要約しているようです。



(1)能力主義の階層社会では人は能力の限界まで出世し、有能なスタッフは無能な管理職になる


(2)時が経つにつれ無能な人はその地位に落ち着き、有能な人は無能な管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は無能な人で埋め尽くされる


(3)ゆえに組織の仕事は、出世余地のある無能レベルに達していない人によって遂行される


のようです。



分かりやすくなるか自信ないですが、図にしてみましょう。




まずは、ポテンシャル君と役職階層の図です。

ピーターの法則①



最初は平社員のポテンシャル君。



実力が着いてくれば、昇格し、主任→係長→課長…と、徐々に役職が上がっていくと思います。


言いかえれば、昇格をし、さらに実力をつけ、さらに昇格をする。昇格したら、その役職でまた実力をつけ、さらに昇格をする。


そしてどんどん実力をつければ取締役になる…



といったところでしょうか?



ただ、そういうわけでもないようです。
(p_q*)シクシク





続きは、また次回。



◆◆人材育成系のブログはこちら◆◆







↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング


スポンサードリンク