続きです。

上司って無能な人が多いですよね。それ当たり前なんです。
上司って無能な人が多いですよね。それ当たり前なんです。(2)


普通は、平社員から始まり、主任→係長→課長…取締役などに順当に出世していくことを連想しがちです。

しかし、そうであれば「無能な上司だな」と感じることはありません。

有能なので出世し続けているわけですから…



ピーターは「無能な上司」が出来上がる理由を以下のように説明しています。




<ピーターの法則>
(1)能力主義の階層社会では人は能力の限界まで出世し、有能なスタッフは無能な管理職になる


この「限界まで出世し」とありますね。ということは、昇格→「さらに実力をつけ」は、無限サイクルではないことを意味しています。


個人によってはさらなる実力の伸びしろが無い」場合が存在するということですね。


「ポスト(地位)が人を作る」のような格言のように、能力が引き上げられたりする場合はあると思いますが、私は、もともとのポテンシャルの影響が大きいんじゃないかと思います。



つまり、昇格する度に、さらに実力をつけているんじゃなくて、「もともと持っていたポテンシャルが高いから、昇格していく」の方が、影響度が大きいんじゃないでしょうか?



つまり、下図のようになります。



ピーターの法則②



ポテンシャル「小」君(青色)から説明しましょう。



ポテンシャル「小」君は、主任レベルのポテンシャルを持っていました。

なので、平社員時代はとても有能であり、一目置かれる存在でした。


平社員としては有能なので、主任に昇格しました。




しかし、平社員と主任の仕事内容は違い、部下たちの管理が上手くいかず、なかなか思うように事が運びません。


ポテンシャル「小」君は、図のように係長までのポテンシャルはありませんでした。ただ主任の後半ぐらいのポテンシャルはありました。



このため、部下からは「主任っちゃ主任レベルやけど、イマイチやな」と思われています。





次に、ポテンシャル「中」君(黄色)は、係長レベルのポテンシャルを持っていました。


ピーターの法則②



なので、主任時代には、有能な主任だと、部長達から一目置かれていました。

主任レベルの中では有能だったので、係長に昇格しました。



しかし、係長の仕事は、他部署との連携などが求められ、なかなか思うように事が運びません。

ポテンシャル「中」君は、図のように課長までのポテンシャルはありませんでした。しかも係長の前半ぐらいのポテンシャルしかなく…



部下からは、他部署との連携全然進めれない「めちゃくちゃ無能な上司やん」と思われています。




とこのように…

<ピーターの法則>
(1)能力主義の階層社会では人は能力の限界まで出世し、有能なスタッフは無能な管理職になる


とは…


「上司が無能」なのではなく、今いる階級では有能なので、上の階級(役職)でも上手くやるだろうと思い、出世させた結果、ポテンシャルを超えてしまい「無能」になってしまう…


わけです。



ということで…


「上司が無能」って当たり前なんですよ。




しかし、悲しいかな、悲劇はそれだけではありません。
('A`|||)



続く…。



◆◆人材育成系のブログはこちら◆◆







↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング


スポンサードリンク