1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。

カテゴリ: 雑記


先日、妻が友達であろう奥様方とZoomミーディングをしていたんですよ。


んで、私はリビングでブログを書いたりしてたんですが、妻の声が結構聞こえてくるんですよね。



妻の会話から察するに、奥様方のミーティング内容はマネリテの基本の「固定費をどう下げるか」みたいな話だったと思います。



今回の記事内容は、その奥様方のマネリテミーティング内容(妻の声しか聞こえないが…)で少し困ったことになった。


というお話しです。



マネリテ話で困った


お金を増やすには、

①収入を増やす
②支出を減らす
③複利で増やす


だと思います。


一番簡単なものは、②の「支出を減らす」でしょう。


その中でも「固定費(通信料や保険料など)を減らす」ことが、ストレスなく簡単です。



なので、妻と奥様方のZoomミーティングの中で「私の家(私と妻)の固定費が高いから安くした方が良い」みたいな、ご意見を頂いてたみたいです。



確かに、ごもっともなご意見でございます。


固定費は安い方が絶対に良いので、その情報を教えてくれた方は良い友達だと思います。


感謝です。




しかし、ご指導をされる前に注意してほしいことがあります。

それは、その固定費削減が「家庭状況にあっているか」をまずは確認して欲しいのです。

その上で、提案頂けると、さらに助かります(☆゚∀゚)。




私の家の家庭事情



私の家の場合の家庭状況として…


「妻のメンタルが結構弱め」です。


弱めというのは、すごく弱めと思ってもらって良いです。仕事ができなくなる可能性が高いぐらい。



私の家の固定費としては…

①住宅ローン(固定金利)
②団体信用生命保険
③医療保険(これは格安)
④収入保障(妻と私)
⑤テレビとネット料
⑥スマホ通信料
⑦車の維持費

などです。




1.住宅ローンは「固定金利」


フラット35でお願いしているので、団体信用生命保険へも別に加入しなくてはいけません。


普通なら「変動金利」にして、固定費を下げたいし、「変動金利」の銀行であれば、団信も含まれているので、普通に固定費は安くなります。


しかし、妻がどうしても「固定金利が良い」と言っていた(たぶん将来の不安から)ので、それなら…という形で「固定金利」を選択しました。


なので、とりあえず金利が高い+団信保険料は「妻の事情」となります。


といっても、金利は結構安くなったので(なんか途中で金利を低くできた)、変動金利と比べると、
月1万円支払いが高い程度。


まぁ、35年では450万円(団信入れたら550万円)違うから、結構違いますね(*・ω・)ノ。

まぁ、安心代みたいなもののようです。







2.医療保険と収入保障(生命保険)


これは、妻より私の方がだいぶ高い保険料を払っております。


これも理由がありまして…


もし私が長らく入院してしまったら、妻は子供2人を育てながら働かなくてはいけません。





たぶん、妻は病気になり、働けなくなるでしょう。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ




なので、長期休暇を取ってもらい働かなくても、半年ぐらいは生活できるようにと少し手厚くしております。


また、私が亡くなった場合は、遺族年金や母子手当、家のローンも無くなり、生活はだいぶ楽になるでしょう。


しかし、子供2人を働きながら育て、大学まで行かせる…





たぶん、妻は病気になるでしょう。
(・∀・)つ





妻は基本的に子供が好きです。

子供と同じレベルで接することができるようで、僕にはマネできません。



しかし、生活のために働いて子育てをして…ストレスが溜まって、子供に辛くあたって…

なんてことになったら、僕は死んでも死にきれないでしょう?



このため、私の医療保険や収入保障は、やや手厚くしているのです。
(*゚∀゚)っ




3.スマホの通信費などの固定費


僕はスマホには興味が無いので、無料のデバイスを使用しています。

なので通信費は月に約2300円。


妻はスマホがiphoneが良いらしく、それで通信料(機種代含む)が高いのです。




ここまでの話で、何が困ったか分かりますか?





はっきり言って固定費が高いのは「妻の要因が大きい」ことになります。
Σ( ̄ロ ̄|||)ガーン




それを、妻に説明しなければならない負担が半端ない。


妻はそれをあまり深く考えずに生きてきたので、それを知った瞬間に「私への申し訳なさ」を感じるかもしれませんし、メンタルに影響を与えるかもしれません。


妻のような方は「自分がしっかりしていたら」など、なんか自己責任感が強い傾向にありますので、それを再認させるようなことは、できれば避けたい…。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル







という恐れもございますので…


「固定費=下げた方が良い」


は、間違いないとは思います。




しかし、その方のご家庭の事情もあることを聞きながら、ご指導など頂ければ幸いかなと言った所存です。


ただ、もしかしたら妻から頼まれてマネリテ会議を開いて下さったのかもしれません。


そうであれば、誠に申し訳ない(/TДT)/。

妻がすいません。



とりあえず、私の家は車1台(5ナンバーで、主に妻が使用)にしてありますので、その分、普通のご家庭より固定費は年10数万円ぐらいは安くなっていると思います。





という流れで、アフィリエイト貼っておくという完璧な流れ。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \








マネーリテラシーを高める、人気の無料マネーセミナーのweb申込はこちらを参考にされてください。


以下に当てはまる方にはぴったりの内容です。
・お金の上手な貯め方、増やし方を知りたい
・お金の話って難しそうと思っている方
・マネープランの立て方を知りたい方

【アットセミナー】



こちらの会社では、保険見直しだけでなく「家計チェック」、「賢い貯蓄方法」、「賢い節税方法」、「住宅ローンの見直し」、「住宅購入のコツ」などのアドバイスをご提供して、総合的なお金の問題解決をしてくれるサイトです。

【保険のトータルプロフェッショナル】
専門家FPの無料保険相談申込プロモーション







↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング




久々の雑記です、、。



日本で最も有名な昔話の1つである「桃太郎」。


 
桃太郎


主役といえばもちろん「桃太郎」


これは満場一致の見解でしょう。





しかし、私の見解では違います。

昔話「桃太郎」の影の主役…それは…




















それは、、冒頭に出てくる「お婆さん」


おばあさん



この婆さんが伝説級の逸話である「桃太郎」の影の主役。



婆さんがいなかったら、桃太郎伝説は無かったと言っても過言では無いですね。



キングダムでいうと「信」、ゴールデンカムイでいうと「アシㇼパ」、進撃の巨人でいうと「ユミル」級の人物。





では、なぜこの婆さんが凄いのか…勘の良い皆様ならお分かりかもしれませんが、あえて説明をさせて頂きます。





この婆さんの凄いところは4つあります。


まず1つ目、、、







①川で流れてきた桃を拾う




いや、これ凄くね?凄いっていうかもはや異常者じゃね?って感じですよ。



皆さんは、川に行ったとして、川上から流れてきた桃をふつう拾います?





「うわっ、キモッ。なんか桃流れてきたんやけど。キショイワー」


ってなりますよね。ふつうだったら。


しかも、赤ん坊が入るぐらいのどデカい桃ッスよ。普通の桃は片手サイズっすよ。この話の桃は直径1メーターぐらいありますよ。「どんぶらこ」っていう意味分からん効果音で流れてきてるやつッスよ。



普通やったら、シカトして素通りですよ。なんなら、もう1回洗濯しなおしますよ。「何?あの桃。キショイからもう1回洗濯しなおしとこ」とかですよ。



それをね、この婆さんったら持ち帰ったんすよ。



たぶん、「桃ゲットだぜ」なんてポケモンのサトシぐらいの、軽い感じで、持って帰ったんすよ。


あり得ませんよね。




まず、このババァの異常者感が垣間見えるポイントです。


どでかい桃を普通に持って帰れるババァの怪力さには、あえて言及しませんが。ババァのくせに蒙武将軍ぐらいの力を有してますよ。







そして2つ目、、、



②桃を割って食べようとする



異常者確定ーーー!!



ふつう川で流れてた桃食います?


絶対腐ってますよねーー?それか、なんかの罠か?とか思いますよね?川上集落の策略か?とか思いますよね?李牧か?ぐらい考えますよね?



それをね、食べようと包丁で割っちゃうんすよ。こいつかなりヤベェ奴です。ベジータよりヤベェ奴です。




そして3つ目、、、





③桃太郎に傷をつけずに、桃を一刀両断する包丁さばき。




これはもう、名人芸っすね。桃って普通、真ん中から一刀両断ですよね。ってことは桃太郎も「グサッ」っていくじゃないっスか?



それをもうね、包丁の先端の感覚がほぼ手の感覚なんでしょうね。「包丁はワシの手じゃ」ぐらいのレヴェルっすよ。まさに名人。


ここで、桃太郎ごと両断してたら、もう話終わってますから。




いや、むしろここは桃太郎が避けたのかもしれませんが。


「ヤベェ奴が一刀両断に来てる、、かわしとこ」ぐらいの感じで。川で流れてきたから、かわしとこ。ぐらいの感じでね。水って形変えれるんだ。知ってた?ぐらいの感じです。




そして4つ目、、、




④桃太郎を自分の子供にした






いやぁ、これはさすがの僕でも読めなかったですね。御見それしましたって感じです。



桃から子供が出てきたら、僕だったら、市役所か警察に届け出ますよ。「事件か?」って感じでね。もし事件なら関わらんどこ。ぐらい冷徹ですよ。




それをこの婆さんったら、自分の子にしちゃうんですから。スゲェ。




もし、事件に巻き込まれて、誘拐された子供だったら可哀想ッスよね?親とかに返したいっすよね?



すぐTwitterとかで、情報拡散させますよ。



「桃に子供入ってたんすけど、誰の子供っすか?」



※リツイート希望 っすよ。




それを自分の子供にしちゃったよ。スゲェよこの婆さん。


おばあさん



でも、この婆さんに育てられたから、民を苦しめている鬼を退治できて「めでたしめでたし」って感じの話になるんすけど。




っつーか、桃太郎も大きくなったら、普通分かってますよね?




あれ?爺さんと婆さんの年齢からすると、、「オレって本当にこの人たちの子供か?」ってね。



だいぶ年齢的に無理じゃないか?ってね。「婆さんはすでに閉店してるんじゃないか?」ってね。



みたいな感じで。



「実は、、、お前は桃から生まれたんじゃ…」



とか言われた日にゃ、軽くグレますよね。

桃太郎もそれに気づいていながら鬼退治しに行くってすごい。それはもう水に流そう的な感じで。もともと川から流れてきたんだから。




ということで、昔話「桃太郎」が伝説になったのは、実は婆さんのおかげ。っていう話。



そして伝説は始まった…みたいな感じです。




「とりあえず、恐れずに挑戦してみよっ」
「流れてくるチャンスを掴もっ」





って話だと思います。




というしょーもない雑記も書いてます。
カテゴリ: 雑記





↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング




久々の雑記です。

株価だだ下がり中ですね。株のことなんて忘れて、雑記書きましょう。


最近は株の記事しか書いてなかったので、私のブログの趣旨から外れてました。


イヤ、ブログタイトルは「1万円少額株式投資生活のブログ」なので、普通に株のことを書くので全然外れていないんだけど…。


しかし、しょーもない事を書きたい!!書き殴りたい!!書き倒したい!!柿は嫌いな方だ!!



と、意気込んでブログを開設しましたので、久々の雑記に胸が躍っています。


胸だけではなく腕も足も、左くるぶしの奴まで躍っています。バカテンポで躍っています。ポンポンスポポーン状態です。




では、始めましょう。




日本で最も有名な昔話の1つである「桃太郎」。


桃太郎






主役といえばもちろん「桃太郎」。


これは満場一致の見解でしょう。





しかし、私の見解では違います。

昔話「桃太郎」の影の主役…それは…















誰だ??












誰なんだ??


















今、スクロールするのウゼェと思った方、すいません。すぐに出します。



昔話「桃太郎」の影の主役…それは…












これって、





「あるある言いたい」の 間 に似てるよね??





あるある言いたいの マ に似てるよね??




RGの得意なやつの ma に似てるよね??




影の主役とかどうでも良くなってきたよね??













もはや「あるある」言わないといけない流れになってるよね??













「あるある」言うよ。


















昔話「桃太郎」は…














ババァが川へ洗濯に行きがち。


おばあさん



次回、昔話「桃太郎」の影の主役とは?

続く。



というしょーもない雑記も書いてます。
カテゴリ: 雑記







↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング




とは何か?


という内容を、成功したわけでもないワタクシがお話しします。


スゲェ精神力www。草。
Σ(゚д゚;)



まぁ、でも何となく分かります。たぶん正解に近いでしょう。




しかし、なぜこんな話を記事にしようかと思った理由を先に述べます。


よく巷や、SNSのTLでこんな内容を見かけます。



「とりあえずやってみよう。すぐ行動する奴が成功していく」





これ、半分正解で、半分不正解です。


その理由をお話しします。




すぐ行動し成功する奴としない奴の違い


まず、SNSのTLなどで「とりあえずやってみよう!」とかを見て、「ヨシ!オレもやってみよう」とか思った奴は、ほぼ成功しません。



何にもしてない奴よりは成功すると思いますが、努力した量を超える程の成功はないと思います。見返りが少ないので継続できずに、だいたいがすぐに止めます。



では「とりあえずやってみる」で成功する奴成功しない奴とでは、何が違うんでしょうかね?


3272121_s





すぐ行動し成功する奴とは



「とりあえずやってみる」で成功する奴は、やる前からすでに情報を集めています。



日常生活での疑問、儲けそうなこと、人が困っていることなどを頭の中で常に考えています。


そして成功へのシュミレーションをざっくりですが何回も繰り返しています。




これを無意識で繰り返しています。



・・・
無意識でですよ。



なので実は「とりあえずやってみる」ではなくて「すでにやっていた」ということになります。



だから成功してきた人は、「考えてないでとりあえずやりながら考えよう」とか言います。



実は無意識ですでに考えてたというオチ。
天才です。変人なのです。





「すぐ行動しても成功しない奴」は、もうお分かりですよね?


特になにも日常で考えておらず、SNSのTLとか見て、行動し始めます。





スタートラインが違うし、装備も違うww。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \




というわけです。




ただし挽回できる方法があります。




「とりあえずやり続けること」



本当の意味で「行動しながら考え、考えながら行動し続ける」ということですね。






ってこれでホントに合ってる?






成功してないから分かんないや。
(゚∀゚)アヒャヒャ







※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング




「子供が増えれば日本経済に一定の成長は見込めるのではないか」と前回書かせて頂きました。





また、子育て世代こそ政治や選挙にしっかりと向き合った方がよいのではないかとも書かせて頂きました。


といいつつ、また別の考え方も浮かんできたので、今回書かせて頂こうかと思います。



皆さんは「2:8の法則」をご存じかと思います。

「パレートの法則」とも言われていると思います。


経済学者の方の名前みたいです。法則といっても経験則のような感じみたいですね。





経済環境において、全体の数値の大部分は、一部の要素が生み出しているという説です。



その中で、所得分布の経験則というものがあるみたいで…

「全体の約2割程度の高額所得者が、社会全体の所得の約8割を占める」という法則です。




確かに、そんな感じしますね。

(株)野村総合研究所が報告した推計(世帯の純金融資産保有額)でも、「2:8」ほどではありませんでしたが、そんな感じになっていました。





また、資産を年齢別に見てみると、60歳以上が平均2116万円とトップで、50歳代が平均1641万円、主な子育て世代の20-30歳代は平均500万円くらいでした。



しかも、純貯蓄(現貯蓄-負債)でみると、20-30歳代は平均-400万円(赤字)ぐらいでした。



ということは、「子供が増えれば日本経済に一定の成長は見込めるのではないか」という考えは、本質をついていない感じもしてきました。



日本経済のためには、お金持ちにお金を使ってもらった方が、断然良いんじゃないかとも思えます。



ただ、メチャクチャなお金持ちは、買い物することに飽きて、あまりお金を使わないのかもしれません。


私はお金持ちじゃないので分かりませんが、数千万円ぐらいの物にはあまり価値を感じなくなっているのですかね?


だから、宇宙旅行とか、ロケット開発とか、夢に価値を見出しているんですかね?


それか、無価値な物に価値を与える、暗号資産でゲームみたいな考えになるんですかね?




経済は難しいですね。

難しいので、お話をやめたいと思います。
(`ヘ´) フンダ!!!


まぁ、とりあえず選挙いこっと。







↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング





【出典・参考】

このページのトップヘ