1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。

カテゴリ: 決算短信分析


今回は8月13日(木)に第1四半期決算発表だった●2749 JPHDの決算短信分析を行います。



第1四半期決算短信分析


こちらの会社は、保育園運営等の最大手の会社みたいです。

株式会社JPホールディングス ホームページ



「With コロナ」となってきた社会情勢の中で、どのような企業成績だったのでしょうか?



まずは、売上高・営業利益などを見ていきましょう。

株式会社JPホールディングス 21年3月期 第1四半期決算短信
株式会社JPホールディングス 21年3月期 第1四半期報告書




2021.第1売上JPHD
(※赤色矢印が今期の決算部分です。)




売上高:約78億円(前年同期比1.2%
営業利益:約93百万円(前年同期比78%
経常利益:約267百万円(前年同期比42.5%
純利益:約177百万円(前年同期比27.1%


と「増収増益」となりました。



凄い…(゚∀゚)アヒャヒャ



インパクトとしては良かったですが、決算発表翌日の株価はあまり反応しませんでしたね。


決算前から徐々に騰がっていたのもあるかも。


こちらの会社は、おそらくですが、あと2~3年は「増収増益」で推移するのではないかと考えております。


理由としては、以前お伝えした通りです。

ファンダ分析(JPHD編)。ーPEGレシオー


保育園などを順次開設して、売上高を伸ばしていく経営方法ですので、需要が続く限り、この経営方法で売上高は伸びていくでしょう。


首都圏での待機児童数は減少しているものの、あと2~3年後であれば、まだ需要はあると思います。


ただ心配なのは、国や自治体からの補助金が減額になったりすると、売上高も落ちていきますので、そこらへんは注意が必要ですが…。




このため、あと2年ぐらいは保有する予定ですが、補助金の増減及び、これからの中期経営計画通りに事が進むのか次第だと思うので、注視していく所存です。



ちなみに通期の連結業績予想に関しては、2020年5月13日発表の数値(売上高:前年同期比4.1%増)から「変更なし」とのことで、業績に関してはコロナ禍の影響が少ない業種のようです。




しかし、このコロナ禍(緊急事態宣言や園での感染)でなぜ影響は少なかったのでしょうか?






コロナ禍でなぜ増収・増益?



たぶんカラクリがあるのだと思います。

運営委託費が国や基礎自治体から満額支給されているようなので、そこまで影響はなかったのではないかと思われます。

「休業手当についてのお知らせ」 より



なので、保育園事業は手厚い補助が出ていると考えて、コロナ禍でも売上は落ちないのかもしれません。

また、小学校以上の学校では休校になりましたが、保育園は要請から外れている場合も多かったと認識しております。



しかし、新型コロナウイルス感染症対策などで職員の方は大変な思いもされていると思います。

先生方、職員の方々、本当にありがとうございます。





<追伸>

新型コロナウイルス感染症の罹患者数が高い水準で推移しております。


ご自身やご家族、その他の大切な方々を守るために感染対策にお気をつけて下さい。

また熱中症にも十分お気をつけてお過ごし下さい。




◆◆参考にしている本◆◆
株素人だった私が参考にしている本は「エナフンさんが執筆した本」です。

株式のことが素人にもとても分かりやすく書かれています。



◆◆本はこちら◆◆









【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●2060 フィード・ワン 190円×400株
●6400 不二精機 276円×100株
●2749 JPHD 275円×100株
●3940 ノムラシステム 470円×100株




【今月の確定損益結果】
±0円




※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


素人投資家ランキング



#株 #投資 #少額 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析 #1万円  #育児 #家事 #雑記


日経平均、TOPIXともに連騰でしたね。


とりあえず、今回は8月7日(金)に第2四半期決算発表だった●6400 不二精機 の決算短信分析を行います。



第2四半期決算短信分析


こちらの会社については、シリンジ(注射器)思惑で、株価が暴騰したことがありました。
●6400 不二精機の暴騰後の行方は〇〇だ。



今回の決算で、渦中の件について触れられているのでしょうか?




まずは、売上高、営業利益などを見ていきましょう。


不二精機株式会社 2020年12月期第2四半期決算短信



2020.第2売上不二
(※赤と青色矢印が今期の決算部分です。)



売上高:約32億円(前年同期比3.8%
営業利益:約2億2千万円(前年同期比10%
経常利益:約66百万円(前年同期比68.1%
純利益:約27百万円(前年同期比83.8%


と、「減収・減益」となりました。



インパクトとしては、強烈に悪かったですね。



第2四半期決算発表は8月7日(金)だったので、週明けの営業日では、かなり下がるかなぁと思っていましたが、本日時点では下がりませんでした。


むしろ本日では前日比+11%程でした。



週明けの営業日は地合いも良かったし、注射器思惑もあってか、ほぼ株価は変化無かったですが、決算短信や有価証券報告書の内容を見てみると、内容は悪くなかったと思います。





まず、売上高に関して、今期はどうだったのかを確認してみましょう。



四半期報告書の方がより詳しく記載してあるので、そちらを参照します。

不二精機株式会社 第56期 第2四半期報告書



前述したように、今期は前年同期と比べて減収でしたが、内容はというと…


不二精機理由

(見えにくくて申し訳ありません)



まず、株式会社不二精機の収益柱は2つあり、金型を製造する事業(精密金型事業)と、金型を使ってプラスチック製品を製造する事業(射出成形事業)とがあります。



今回は、金型を製造する事業(精密金型事業)が、前年同期に比べて売上高が減少したもようです。

しかし、これは検収手続き遅れが発生したからみたいですね(検収が終了してから売上高に計上される)。


そうであるならば次の決算で計上されるので、心配はいらないと思います。



しかも、未検収受注残高は高水準で推移し、各工場の稼働率も高いようなので、次回は好決算となるかもしれません。



ただ、ホルダーや投資家が気にかけている、シリンジ(注射器)に関しては、記載はありませんでした(´Д⊂)。


残念でした…。





次に、金型を使ってプラスチック製品を製造する事業(射出成形事業)に移ります。

主力製品は自動車部品用成形品です。



掲示板などでは、「コロナ禍で自動車の生産が落ちるだろうから、かなり業績キツいんでは?」的な書き込みが多かったですね。



実際はどうだったんでしょうか?




不二精機理由2

(見えにくくて申し訳ありません)



こちらは、意外にも売上高は増益でした。


理由は書いてある通りですが、セグメント利益は前年同期比82.9%増みたいですね‼


投資家の予想に反して、好決算となっております。


これが、全体営業利益を押し上げて、前年同期比10.1%増となっているようです。





続いて、経常利益と純利益が大幅に減益だった理由を見てみましょう。これも四半期報告書内に記載してあります。


不二精機理由3

(見えにくくて申し訳ありません)



急激な円高・インドネシアルピア安によって為替差損1億32百万円を計上したみたいですね。


これについては、別のIRでお知らせが入っています。
営業外費用の計上など



内容は勉強不足でよく分かりませんが、会計上の評価替えのようですね。



また、現在のインドネシアルピア為替相場は大幅に円安に反転し、今回発生した為替差損はほぼ解消しているみたいなので、とりあえずは良いと思います。




これが無かったら、このコロナ禍においても、経常・純利益ともに前年同期比と同じ程度になっていたと思われます。




Withコロナ関連思惑の通り、シリンジ(注射器)金型製造受注が入っているのかが気になる所ですね。


ただ、こんだけ騒がれててIRも出さないということは思惑は空振りとか?





分かりませんね( ´_ゝ`)ノ





【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●2060 フィード・ワン 190円×400株
●6400 不二精機 276円×100株
●2749 JPHD 275円×100株
●3940 ノムラシステム 470円×100株




【今月の確定損益結果】
±0円




※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



#株 #投資 #少額 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析 #1万円  #育児 #家事 #雑記



良かった良かった。このコロナ禍の4~6月期で増益だった。

ただ、この時点では、企業の成長によるものかどうか分からないため、一応分析をしてみよう。




第1四半期決算短信分析

まずは、売上高、営業利益などを見ていきましょう。


フィード・ワン株式会社 2021年3月期第1四半期決算短信



2010.第1売上F1
(※赤矢印が今期の決算部分です。)


売上高:約519億(前年同期比3.3%
営業利益:約13億(前年同期比58.8%
経常利益:約15憶(前年同期比45.1%
純利益:約11憶(前年同期比56.2%


と、「減収増益」となりました。



まず、売上高の件。


売上高は前年同期と比べると、減収となっております。これだけ見ると、会社として成長していない感じもします。


しかし、これが「一時的なもの」なのか、「これからも続いていくもの」なのかを判断する必要があります。



このため、ちょっと詳細に見ていくとしましょう。




まずは、売上高、原価、売上総利益、原価率を見ていきましょう。


2021.第1.原価率.F1



売上高は前年同期に比べて、減収です。

原価率を見てみると、前年同期と比べてあまり変わってない感じがします。



この時点では、「売上高は減ったが、原価率も前年同期と比べて同じなので、売上総利益率は前年同期と同じぐらいだな」ことが分かります。




このため、次は売上高が減った要因がどこにあるのかを調べようと思います。

これは決算短信に書いてありました(見えにくくて申し訳ないです)。


2021.第1.理由.F1


おおまかにいうと、やはり新型コロナウイルス感染症の影響を少なからず受けているようですね。


ということは、売上高減収の要因は、この会社の成長性が下降してきたのではなく、外部要因の可能性の方が高いような気がします。


このため、コロナ禍がいつまで続くか分かりませんが、今回の売上高の減収は「一時的」と判断することにします。





ではなぜ今回、経常利益が45%増で着地したのか?



これをちょっと見ていくことにしましょう。





これについては、一般管理費と販売比率を確認してみましょう。



2021.第1.販売費率.F1



一般管理費及び販売費というのは、簡単に言うと「人件費、広告費」などです。
販売費及び一般管理費 Wikipedia



前年同期と比べて、この一般管理費及び販売費が大きく削減されているのが分かります。


このため、営業利益以下が増収になったと思われます。


しかも、今期だけではなく、前年期からスリム化に力を入れているようで、2020年3月期第3四半期頃から大きくスリム化に成功しています(最初の図の青矢印)。



少しまとめると、2021年3月第1四半期決算内容は



新型コロナウイルス感染症の影響を軽微ながら受けましたが、コスト低減を図っていたので、増益で着地しました。



となると思います。



ただ、マーケットではあまり人気が無い会社なので、株価が高騰するかは微妙です。


しかも、任天堂なんか前年同期比は経常利益6.8倍とか、化け物企業もいるし。





以上で終わってしまうと、利益は出てるけど、どんどん成長している魅力的な会社に見えないので、追記をしたいと思います。




こちらの会社は、なんと「クロマグロ完全養殖事業」を行っております。

フィード・ワン株式会社 クロマグロ養殖


ここらへんが、伸びてくると良いんだけどなぁ…。と、そこがちょっと魅力の1つでもあります。





【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●2060 フィード・ワン 186円×300株
●6400 不二精機 276円×100株
●2749 JPHD 275円×100株
●3940 ノムラシステム 470円×100株




【今月の確定損益結果】
±0円




※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



#株 #投資 #少額 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析 #1万円  #育児 #家事 #雑記



今日で、●8135 ゼット の決算分析は終わりの予定です。


今回は、「今期決算での適正株価はいくらか」について書いていこうと思います。


2020年期での会社予想業績は、通期最終益(純利益)520百万円でした。

では、2020年期の最終益の確認をしてみましょう。

ゼット決算20203


見ての通り、売上高は直近5年の中で一番高くなっております。ここまでは順調です。

2020年第3期は、営業利益が下がっておりますので、売上総利益(売上高-原価)か、一般管理費及び販売費(給料や営業販売費など)が利益を圧迫していることが分かります。

2020年第3期時点の最終益(純利益)は、230百万円(予想は520百万円)です。

なので、通期単独だけで290百万円をたたき出すことが必要となります。(無理じゃね?)


ただ、ゼットは第1期と通期に強い会社でしたね。
決算分析を行いました‼【8135 ゼット】~悪い意味でヤバかった~


では、今まではどのようになっているでしょう?

2018年期通期単独だけでの最終益は・・・・224百万円

2019年期通期単独だけでの最終益は・・・・362百万円


めっちゃ行けるやん?


前回も話した通り、販路拡大していたら、行ける数字なのかもしれません。
決算分析を行いました‼【8135 ゼット】~悪い意味でヤバかった~②



では、仮に2020年期通期で会社予想の520百万円を達成した場合、適正株価はいくらになるか計算してみました。


PER10倍の場合・・・株価265円(私の取得平均額は261円)

PER15倍の場合・・・株価398


となります。


私が、●8135 ゼット 株を購入した目的は、業績回復銘柄と割安是正のバリュー投資目的でしたので、とりあえずPER10倍で株価265円であれば、セーフ。

PER10倍以上への是正があれば目的通りとなります。


ということで、「保有」となりました。


ただ、微妙な感じもしてきたので、低位株の低い順から200銘柄は分析が終わりましたが、200位~300位のファンダメンタルズ分析を行い、もっと良い株が見つかれば、乗り換えるかもしれません。



【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●8135 ゼット 261円×200株
●2060 フィード・ワン 185円×100株



【今月の確定損益結果】
+100円



※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれている事は100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



#株 #分析 #投資 #法則 #少額 #銘柄 #資産形成 #損益 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析



昨日の続きです。

とりあえず、売上高、原価、売上総利益の所が分かりました。

見た感じは、やや売上高↓で原価率がやや↑で、売上総利益↓だったという感じです。


次に有価証券報告書と合わせて、営業利益を確認しましょう。

ゼット決算営業利益1

有価証券報告書では、「販売費および一般管理費が増加」と書いてあります。


ゼット株式会社 20年3月期第3四半期 有価証券報告書


そこを確認してみましょう。

ゼット決算営業利益2

確かに、第3期は一般管理費、販売費が増えているような気もします。

その理由が、「販路拡大」「人員増加」と書いてあります。


本当にそうであれば、「販路拡大のために人員を投入した結果、一般管理費は増え、営業利益は低下したが、販路は拡大した」となると思います。


販路が拡大したということは、2020年通期は、売上が伸びると思いますので、予想通り最終益は520百万円行くのかな?(ちょっと厳しそうなので500百万円ぐらいかな?)

もしそうであれば、今期は低かったが、通期はやや期待できるかもと考えています。



長くなりましたので、次回に更新します。


次の記事の内容は、今期はやや業績が低下しましたので、「適正株価がどのくらいなのか」を書いていこうと思います。

それで、最終判断をしたいと思います。




【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●8135 ゼット 261円×200株
●2060 フィード・ワン 185円×100株



【今月の確定損益結果】
+100円



※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれている事は100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



#株 #分析 #投資 #法則 #少額 #銘柄 #資産形成 #損益 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析


このページのトップヘ