1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。

カテゴリ: 株知識


今回は●6670 MCJ が、東証市場再編でどうなるのかを確認していきましょう。



MCJは東証二部に上場しています。


「JPX日経インデックス400」の構成銘柄として、東証二部上場企業の中で唯一選定されています。


しかし掲示板では…


「なぜ東証一部上場しないんだ」

「経営陣の怠慢」


などと多く叩かれていました。


東証市場再編で経営陣がどう判断するか分かりませんが、一応確認してみましょう。



その他保有銘柄の皆様にはこちら☟を参考に。






MCJは再編でどうなる?



まず、東証市場再編の上場維持基準は以下の図です。


東証市場再編



これを確認していきましょう。



【株式会社MCJ】


①株主数:13484人 ⇒ プライムクリア

②流通株式数:31万単位 ⇒ プライムクリア
 発行済株式 101,774,700株
 大株主株式 32,441,100株
 自己保有株式 3,496,500株
 役員保有株式 34,002,760株
 残り株式 31,834,340株

③流通株式時価総額:397億円(株価1250円計算)
 ⇒ プライムクリア

④1日平均売買代金:3.5億円 ⇒ プライムクリア
 2021年1月~6月平均(1ヶ月22日で計算)

⑤流通株式比率:31.2% ⇒ ノンプライム(スタンダードクリア)
 大株主と役員所有が被り計算のため流通株式と考えれば被りは関係ないのでプライムクリア 

⑥財務状態プライムクリア
 純資産額523億円



ということで、流通株式比率次第ですが…


「プライム」いけんじゃね?


という感じです。


しかし、どこに移行するかどうかは経営陣の判断ですが( -д-)ノ。



残り 銘柄
3/6銘柄 プライム市場残留


●3940 ノムラシステム
●9306 東陽倉庫
●7201 日産自動車




※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼


今回は●2060 フィード・ワン が、東証市場再編でどうなるのかを確認していきましょう。


フィード・ワンも不人気銘柄で皆さんには関係無いと思うので、こちら☟参考になります。






フィード・ワンは再編でどうなる?


まず、東証市場再編上場維持基準は以下の図です。


東証市場再編



これを確認していきましょう。



【フィード・ワン株式会社】


①株主数:10422人 ⇒ プライムクリア

②流通株式数:29万単位 ⇒ プライムクリア
 発行済株式 39,477,128株
 大株主株式 9,838,000株
 自己保有株式 18,500株
 役員保有株式 71,000株
 残り株式 29,549,628株

③流通株式時価総額:221億円(株価750円計算)
 ⇒ プライムクリア

④1日平均売買代金:0.8億円 ⇒ プライムクリア
 2021年1月~6月平均(1ヶ月22日で計算)

⑤流通株式比率:74.8% ⇒ プライムクリア

⑥財務状態プライムクリア
 純資産額427億円




ということで…



「プライム市場」



に移行できそうな感じですw(゚o゚)w オオー!




残り 銘柄
2/6銘柄 プライム市場残留


●6670 MCJ
●3940 ノムラシステム
●9306 東陽倉庫
●7201 日産自動車






※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼




さて今回からのシリーズは、東証市場再編で私の保有株がどうなるのかを書いていきたいと思います。

ということで、皆さんにはヒジョーにつまらないブログ記事となってしまう予定です。

さーせん(;´Д`)。




皆さんの保有株については分かりませんので、気になる方はこちらで。







JPHDは再編でどうなる?



結論から申し上げますと…











「プライム市場」を選択できるとのことでした。



スゲェΣ(・ω・ノ)ノww





詳細はこちら☟

新市場区分における上場維持基準への適合状況に関する一次判定結果について



ということで…めっちゃ短くなりましたが、JPHD編は終わり。




残り 銘柄
1/6銘柄 プライム市場残留



●2060 フィード・ワン
●6670 MCJ
●3940 ノムラシステム
●9306 東陽倉庫
●7201 日産自動車



※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼


なんか東証って市場再編するんすね。


何がどーなるのか私は分かりません。ネットでは多くの参考になるログがあるので、気になる方は検索をお願いします。



☟これなんか分かりやすかった。





どーなるのかは別にどうでも良いんですが、自分の保有銘柄がどーなるのかはさすがに知っておいた方が良いかと思いまして、一応調査してみました。



まず東証がどう再編されるかというと、現在は…


①東証一部
②東証二部
③JASDAQQ(スタンダード)
④JASDAQ(グロース)
⑤マザーズ


とクラスが5つあって、東証上場企業約3800社のうち、約2200社が東証一部ということになっているのが問題みたいです。



昔は、東証一部上場企業と言えば「超一流企業」オオーw(*゚o゚*)w みたいな感じでしたが、上場している約6割が東証一部ってプライム感ゼロですしね。 





「ほぼ東証一部ってヤバくね?」

「プライム感ゼロじゃね?」

「糖質ゼロなら良いけどプライム感ゼロはヤバくね?」

「やっぱプライム感ってキュンじゃね?」

「じゃ、再編しよっか、リセットで」




「プライム感」出していこうぜ的な、ガンガン行こうぜ的な、ドラクエっぽいノリで決まりました。




どう再編されるかというと


①プライム
②スタンダード
③グロース


の3つに再編されるようです。



プライム感出したさ過ぎww

5年後にはハイスタンダードというクラスができると思う。オナマシクラスもできるかも。




んで、私がなぜ東証市場再編が気になっているかというと、その基準が問題なんです。



なんでも「時価総額」「流通株式」がポイントになるらしいんです('A`|||)。





私の保有銘柄って「割安・(再)成長」株かつ、「不人気」株じゃないですか?



もともと一人勝ちするために割安株や不人気株を買ってたわけじゃないですか?

だから時価総額低いし、人気無いから取引数少ないじゃないですか?


つまり…


「ヤバくないですか?」ってことです。


最悪、上場廃止とかありえるじゃないですか?




ということで、念のために、私の保有銘柄がどうなのかを調べることにしてみました。


記事増やすために、1銘柄ずつ更新していくことにしよ。



皆さんも自分の保有銘柄がどーなるか調べた方がいいと思いますよ。もう調べられてるかもしれませんが。


☟これなんか情報量多かった





※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼


前回までで、お金の増やし方をお伝えしました。
お金の増やし方は簡単① ◆◆雑記ブログ◆◆
お金の増やし方は簡単② ◆◆雑記ブログ◆◆



今回は「少額でも一発狙えるんじゃね?」的なおすすめ銘柄をお話しすることにします。




少額で投資信託・ETFという選択は、数十年後には大きな資産を残すことができる可能性はあると思います。


例えば月々3万円積み立てをしながら、投資信託・ETFの利回りが5%程度であれば、25年で2000万円程度になるでしょう。


しかし、25年後って…



もうジジィやん!!Zizyやん!!何それっ!!



となるでしょう。


このため、できれば短期間で小金持ちになりたいですよね?


そこで私が行っているのが「割安・成長株」への長期トレードです。
「個別株式トレード」ですね。


少額投資のおすすめ銘柄


なぜ「割安・成長株」が良いのかをお話しします。




まず相場(投資家)に見向きもされていない、割安で放置されている株「割安株」です。

このため、適正な株価への是正が入ると、株価が上昇します。




しかし「割安株」だけでスクリーニングして購入してしまうと危険です。



「割安株」というのは、もちろん理由があって「割安」になっています。多くは「業績が悪いから」です。


業績が悪くて「割安株」になっている会社は、業績が回復しないとずっと割安なままになる可能性が高いですし、最悪は上場停止や廃業になる可能性もあります。



このため「成長(業績回復)株」かつ「割安」に放置されている株を購入する必要があります。


業績が回復している場合は、なにかの思惑や業績と株価の乖離是正などで、投資家の目に留まり株価が是正されていく可能性がありますからね。




例として、私は昨年●6400 不二精機 という会社の株を保有しておりました。

すごく「割安・成長(業績回復)株」でした。

不二精機 ファンダメンタルズ分析 -売上高・純利益など-
不二精機 ファンダメンタルズ分析 ー適正株価-




そして新型コロナワクチンの注射器思惑で株価が急上昇しました。



不二精機ストップ高

(YAHOO!ファイナンスより)

不二精機 暴騰!!素人には扱えません。~2020年12月週間報告(第1週)~




ということで、株価が約4.5倍になり売却をしました。



この●6400 不二精機 の活躍で、昨年度の資産運用結果は220%という結果となりました。


もともとが少額だったので、資産が2.2倍になっても大したことは無いですが(p_q*)シクシク…



ということで、少額投資の場合で、ある程度の短期間でリターンを求めたい場合は「割安・成長(業績回復)株」の銘柄を購入する方が良いかなと思います。



しかし、個別株式運用というのは多くの人が負けていることも知っておくべきだと思います。



これを踏まえて、皆さんも検討してみてはいかがでしょうか?
私は毎週ポートフォリオ公開と損益推移を報告しておりますので、お暇だったら覗いてみて下さい。
カテゴリ: 株運用報告




さいごに…

個別株を買うとなると、どうしても証券会社の口座開設が必要になります。



少額投資におすすめの証券会社は、LINE証券と松井証券です。


LINE証券の魅力としては
・1株単位で数百円から株が買える
・LINEポイントを使って投資ができる

とかですね。




松井証券の魅力としては
・1日の約定代金合計50万円以下の株式取引手数料は無料
・資産運用をトータルでサポートする「ロボアドバイザー」が無料で利用できる

とかですね。





※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。




↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング







このページのトップヘ