1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。

カテゴリ:●3940 ノムラシステム > ノムシス ファンダ分析


ちょっと体調が悪く、更新が滞っていました。



前回の記事で、自己資本率・流動比率、キャッシュフローを確認し、気になったことがありましたので、ちょっと詳しく分析しようと思います。


自己資本率


自己資本率=(純資産/総資産)×100です。

総資産=負債+純資産です。



つまり、負債+純資産が総資産で、純資産/総資産なので、プラス資産に対して負債の割合が少なければ、自己資本率は100%に近づくことになります。



そこで、決算短信を見てみましょう。
ノムラシステムコーポレーション IR情報 2019年12月期決算短信


ノムラシス自己資本2

(見えにくくて申し訳ないですが…)




こちらの会社は凄いですね。



負債がほとんどありません。



私がよく見かける会社は、銀行などから「短期・長期借入金」などで借金によって負債を抱えているものなのですが、こちらの会社は無借金経営のようです。



このため、自己資本率が高いのだということが分かります。





流動比率


流動比率=流動資産/流動負債


〇流動資産:すぐ(1年以内)現金に変えられる資産
例)現金、預金、製品、売掛金、受取手形、有価証券など

流動資産とは 経理COMPASS




〇流動負債:短期(1年以内)で返済しなければいけない借金
例)買掛金、前受金、未払金、短期借入金など

流動負債 経理COMPASS
 



●3940 ノムラシステム の流動比率は775%であり、理想的である200%を大きく上回っています。


私の経験では見たことない数字になっているので、なんか心配です。



例えば、流動資産の構成で「売掛金」の占める割合がメッチャ高い場合、売掛金は必ずしも回収できるわけじゃない(売掛した会社が倒産するなど)からです。


また、有価証券についても、今回のコロナショックなどで価値が下がる場合もあります。






このため、流動資産や流動負債の構成もしっかり見ていくとしましょう。

ノムラシステムコーポレーション IR情報 2019年12月期決算短信




まずは、流動資産から。
ノムラシス流動資産




【流動資産全体に占める割合】
・現金及び預金 83%
・売掛金 16%



イヤ、現金と預金あり過ぎ(゚∀゚)アヒャヒャww。




次は、流動負債。
ノムシス流動負債



イヤ、借入金無いんかいΣ(´д`;)ww。






つまり、「無借金経営」で、お金を貯めこんでる形になるんでしょうか?



前回の記事でもお伝えしましたが、投資CFも配当金の支払いか、有価証券購入だったので、先行投資という形は近年取っていないようですね。




普通、成長企業というのは…



お金を借りる→先行投資→利益を出す→お金を借りる→先行投資→利益出す→お金を借りる…∞



みたいな感じだと思いますが、こちらの会社は、ここ3年間ではそうでは無いみたいです。




何か理由があるのかな?


やはり会社の収益の上げ方や、経営計画を詳しく分析する必要がありそうです。



そこらへんも今後の記事で書いていこうと思います。



次回は、ROA・ROEについて記事にしようと思います。





【参考にしているメディア・本など】



◆◆無料登録でおすすめ銘柄を無料配信◆◆

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!



◆◆1株単位で数百円から株が買える◆◆

LINE証券



◆◆株の基本や長期投資についての本◆◆

株素人だった私が参考にしている本は「エナフンさんが執筆した本」です。

株式のことが素人にもとても分かりやすく書かれています。







※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
ありがとうございます。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


素人投資家ランキング






ちょっと間が空きましたが、引き続き●3940 ノムラシステム のファンダ分析をしようと思います。



自己資本率・流動比率


 貸借対照表で、「自己資本率」と「流動比率」から、こちらの会社の財務体質を見ていきたいと思います。



①自己資本率

まず「自己資本」とは、調達したお金のうち、返済義務のないお金のことです(資本金や利益剰余金)。

そして、「自己資本比率」は、会社が調達したお金の内、銀行などに頼らず、株の発行や資本金などで調達したお金はどれくらいの割合か?を表す指標です。



一般的には、自己資本比率は高ければ高いほど良く、40%以上だと健全50%以上になると非常に優良な財務体質と言われているみたいです。




②流動比率

「流動負債」(短期で返済しなければいけない借金)と「流動資産」(すぐ現金に変えられる資産)の割合を計算して、企業の短期的な支払い能力を判断する指標のようです。



流動比率も、数値が高いほど良く、200%以上が理想的とされている。逆に、100%を切っている会社は支払い能力が低く、資金繰りが苦しくなっている可能性があると言われているみたいです。





それでは、●3940 ノムラシステム を見ていきましょう。

ノムラシステムコーポレーション IR情報 決算短信



ノムラシス自己資本


自己資本率、流動比率どちらも上昇中ですね。


自己資本率は89%強、流動比率は775%と合格ラインを超えています.



って高っ(((( ;゚д゚)))!!。



これはしっかり分析が必要そうですね。


次回の記事で分析することとしましょう。






とりあえず先に、キャッシュフローでお金の流れを確認するとしましょう。



キャッシュフロー



①営業活動によるキャッシュ・フロー

本業で得たキャッシュで、プラスが多いほど良いとされています。



②投資活動によるキャッシュ・フロー

設備や株式など、企業は利益を得るために先行投資を行うものです。



③フリーキャッシュ・フロー

営業CFと投資CFを合わせたキャッシュ・フローです。
家計で言う貯蓄とかに当たるのかな?






では、●3940 ノムラシステム のCFはどうでしょうか?


ノムラシスCF



営業CFは減少中ですね。

家計でいうと稼げておらず収入が減っているということになると思います。

ただ今期はおそらく上げてくるだろうと思います。




投資CFは2018年に少し大きな投資をしているようです。投資と言っても投資有価証券取得みたいですが…。
ノムラシステムコーポレーション IR情報 平成30年12月期決算短信


ノムラシス投資CF





財務CFは常にマイナスです。普通の会社であれば借金の返済でマイナスになることが多いのですが、こちらの会社は主に配当金の支払いでマイナスです。



ここについても、次回の記事で書いていきます。





ここまでをまとめると、財務体質はかなり強い感じがしますが、何か臭うので次回書いていこうと思います。







◆◆株の基本や長期投資についての本◆◆

株素人だった私が参考にしている本は「エナフンさんが執筆した本」です。

株式のことが素人にもとても分かりやすく書かれています。







※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


素人投資家ランキング






株ブログということを忘れるくらい、雑記を書いてます。

もうどちらかというと、雑記の方を見て欲しい感じになってきています。


ただ今回は真面目に株の内容を書いていきます。




今回からのシリーズは「ファンダメンタルズ分析」です。

銘柄は、●3940 ノムラシステムコーポレーション という会社です。



何を隠そう…こちらの会社は、以前にイナゴってしまい、今では大きな含み損を抱えていおる会社です。
株素人がイナゴライダーした結果…。




まずは、通常通り会社の簡単な説明をしていきたいと思います。



ノムラシステムとはどんな会社?

ノムラシステムコーポレーション ホームページ
 


独SAPのERP(統合基幹業務システム)導入コンサルや保守を軸とし、独自テンプレートも開発している会社みたいですね。


一言で言うと







良く分からん会社ということです。




素人すぎてマジで良く分からん( p_q)エ-ン





独SAP?ボブ・サップなら知ってるけど?





しかし、長期投資家の端くれとして、良く分からん会社を長期に保有し続けてはいけないので、ちょっと勉強してみました。




独SAPとは?
SAPって、なんの会社ですか? SAPなんでも相談室


独SAP:ビジネスソフトウェアの開発・販売を手掛ける多国籍企業で本拠地がドイツ。



ERP:ERP(Enterprise Resourse Planning)という手法によって、経営のあり方、業務のあり方を全社規模で最適化する手法



なので、●3940 ノムラシステム という会社は、SAPのERPという手法を使用し、経営・業務最適化のコンサルを主軸とする会社のようですね。




このため、Dx関連株ということになると思います。
DX(デジタルトランスフォーメーション)とは? MONSTARLAB




働き方改革や、人口減少、新型コロナウイルス感染症によるテレワークなど、これからの人の働き方は大きく変わってくると思いますので、Dx関連株は有望株である







と誰かが言っていました。



ワタクシハ、シロウトスギテ、ワカリマセンガナ(゚∇゚ ;)





業績情報


まず、いつものように売上高、営業利益、経常利益、純利益ですね。



売上高:その名の通り、いくら売り上げたか。



営業利益:売上高から原価販売費(販売するためにかかる経費。営業担当者の給料や交通費、広告宣伝費、販売促進費など)と一般管理費(会社を運営するためにかかる経費。役員報酬や管理部門の社員の給料、事務所の家賃や水道光熱費、通信費など)を引いたもので「本業で稼いだ利益」



経常利益:営業利益に「営業外収益」を加え、「営業外費用」を引いたもの。「営業外収益」は、企業が投資した証券、不動産などの副業で得たお金。「営業外費用」は、借入金の利息や財テクにおける損失などのこと。



純利益:経常利益から「特別損失」「特別利益」(不動産売却や災害などで一時的に発生した損失、または利益)や「税金」の支払い額を引いて残ったもの。「最終的に手にできる利益」。




そこで、●3940 ノムラシステム を見ていきましょう。


ノムシス売上高


ノムラシステムコーポレーション 経営成績




下がってた…。メッチャ落ち目やった…。


イナゴで飛びついたから知らなかったもーん。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン



しかし、このコロナ禍の4月-6月期では、前期比27%増と、さすがにノッている会社のようです。



7-12月期もこの調子で上げていって欲しいものです。

一応、通期は前期比7~13%増益を予想しているようですね。



とりあえず、イナゴで飛びついた●3940 ノムラシステム は、今期までは低迷だったようですが、「時代に乗れれば」といった感じですね。





次回は貸借対照表で、「自己資本率」と「流動比率」から、こちらの会社の財務体質を見ていきたいと思います。




【参考にしているメディア・本など】



◆◆無料登録でおすすめ銘柄を無料配信◆◆

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!



◆◆1株単位で数百円から株が買える◆◆

LINE証券



◆◆株の基本や長期投資についての本◆◆

株素人だった私が参考にしている本は「エナフンさんが執筆した本」です。

株式のことが素人にもとても分かりやすく書かれています。







※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


素人投資家ランキング





このページのトップヘ