※2020年7月26日リライト


とりあえず、2019年2月からのトレード、資金状況についてお伝えしたいと思います。


2018年5月から国内株式のトレードを始めました。その時は1万円でスタートしました。

最初はファンダメンタルズ分析でトレードしていましたので、良く分からず、お金が減っていきました。
そこでテクニカル分析に変更して、3万円ほど資金を追加し、2019年2月から再スタートをしました。


2019年2月 【総資金】  37,200円

2019年2月の結果 +3,900円  これまでの損益合計 +3,900円(+110.5%)

2019年3月の結果 -1,700円  これまでの損益合計 +2,200円(+105.9%)


ここでさらに1万円資金追加しました。


2019年3月 【総資金】  49,400円

2019年4月の結果 +3,400円  これまでの損益合計 +5,600円(+115.1%)


ここらへんで、パターンにはまる銘柄数が少なく、トレード回数が少なかったので、法則を探して、新しく1つ法則を見つけました。
なので、これ以降は「法則①」と「法則②」の2つにはまる銘柄でトレード開始しています。


その後の調子は以下の通りです。


2019年5月 +2,200
2019年6月 取引なし
2019年7月 +1,300円 追加資金10,000円
2019年8月 -5,400
2019年9月 -200円 追加資金10,000円
2019年10月 -1,000
2019年11月 +5,800
合計損益 +8,300
【総資金】 75,370円




と、ここまではテクニカル分析にてトレードを行っていましたが、なかなか安定して運用できなかった事と、働きながら運用するのは大変だったという感想です。



2019年12月頃から「ファンダメンタルズ分析」を行い、「割安(バリュー)株」「成長株」を見つけ出し、「長期投資」に切り替えることにしました。





次回以降の記事はそのような内容の記事になります。