1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。

タグ:株知識


前回は、順調に成長する会社かどうかを見分ける経営計画についてお話ししました。

「拡大路線」か否かですね。



◆◆前回の内容◆◆





さて今回は、実際に経営計画通りに事業を進めているのかを確認していきましょう。


計画通りに事業を進めてる?


まずはおさらいとして、JPHDの中期経営計画としては…


JPHD2018



①経営管理体制の再整備
②新規事業への着手


ですね。



では、実際にしっかり事業が進んでいるかを確認していきましょう。




まずは「経営管理体制の再整備」からです。



以下は2020年期の決算説明会資料から抜粋しています。


JPHD 2020年3月期 決算説明会資料


JPHDブロック制




運営施設が多くなってきたので管理体制としては「ブロック制」を施策として行っているようですね。


軍隊などや会社組織でも同じですが、管理する数が増加した場合、部や課などブロックに分けて管理した方が、より指示系統が明確になります。


また地域によって差がある(地域性や利用状況など)ので、地域ブロック制の方が反応が迅速になり良いかと思います。





次に「新規事業への着手」です。


ここはかなり重要な部分ですね。


こちらも20年期決算説明会資料より抜粋します。


JPHD成長


ここはかなり大きく出ましたね。


まず「学研ホールディングスとの業務提携」を行いました。


会社の収入柱である「子育て支援事業」は飽和状態になってきたので、新しいサービスの創出として、学研と業務提携し、新たな価値・サービスを開発、提供するようです。



また会員制プラットホームにて園児・保護者の生涯顧客化(年齢に応じた必需品の購入サポートやサービスを提供)を狙うようです。



これらに加えて、コンサルティング事業や研修事業なども行うようですね。



このように今後もさらなる「拡大路線」をしっかり狙うようで、事業としては中期経営計画通りの進捗を行っていると判断して良さそうです。




このようにファンダメンタルズ分析だけではなく、「本当に中期経営計画通りに事業を行っているか」も銘柄選択の判断の1つとしています。


皆さんの参考になるか分かりませんがΣ(´д`;)…




こちらのサイトはセミナー体験が今なら(2021.9.16現在)無料なので、ご参考までに。

株式投資体験セミナー





※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング







私はファンダメンタルズ分析にて、保有する銘柄選択をしています。


例えばこんな感じで☟





ファンダメンタルズ分析では、現時点までの売上高や純利益、財務体質を分析できます。

しかし、今後もその会社が順調に成長していくかは分かりません。



そこで、株を買う時には、その会社が「どのような経営方針をとっていっているのか」が重要な指針の1つになります。



順調に成長する会社かを見抜くには


そこで、中期経営計画を確認して実際にその通りに経営を行っているかを検証する必要があります。




今回は私の保有株である●2749 JPHD で説明します。


JPHDという会社は保育園や学童クラブを運営している会社です。

このため、保育園や学童クラブを開設していけば、売上が上がるというシンプルな経営方策です。




こちらは2019年3月期の決算説明資料より抜粋しています。

JPHD受け入れ児童数

JPHD 2019年3月期 決算説明会資料



このように保育園数と受け入れ児童数の推移は順調に増加していますので、売上高も順調に増加していました。



しかし、ここ1~2年で、経営スタイルを変化させなくてはいけない状況となってきました。



JPHD待機児童減少



待機児童数の減少に伴って(左図)、保育所定員充足率も減少傾向にあります(右図)。

JPHD 2020年3月期 決算説明会資料



国策にてさまざまな企業から保育所がたくさん開設されてきましたので、一部の地域以外の保育所は定員割れをしているということになります。




まぁ、普通に考えれば予測できることですよね。



このため、JPHDでは、こうなった場合を予測した経営計画を出していました。

JPHD 2018年3月期 決算説明会資料


JPHD2018



まずは「経営管理体制の再整備」です。

企業が大きくなると無駄が出てきて、販売費や一般管理費が増加して営業利益を圧迫しますからね。これは大事だと思います。




次に「新規事業への着手」です。

保育園や学童クラブ開設の頭打ちは、いつか必ずきますので、そうなってからどう会社を経営していくか。


経営とは「会社を大きくすること」だと思いますので、どうやって利益を大きくしていくかですね。


この点からも、この会社はまだまだ「成長し、拡大したい」という思いを感じることができます。



この気概がない会社は、株価はそれ以上は騰がりません。むしろ期待減で株価が下がります。



とりあえず、中期経営計画でそういう考えが2018年当時にあったということが分かりました。

そこで次は、実際に今どうなのか?本当に「拡大路線」でいっているのか?を確認する必要があります。



株価をコントロール(下げないため)するために、口では何とでも言えますからね。行動が伴っているかの確認が必要です。



さて実際はどうなのでしょう?


次回は、2020年期の決算説明会資料を実際に確認して、本当に計画通り進めているのかを確認しましょう。




こちらのサイトは今なら(2021.9.16現在)無料体験セミナーがあるので、セミナーでしっかり勉強したい方はご参考までに。





※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング









って思いますよね?そうですよね?もう知ってた?


ということで、よろしくお願いします。




私は弱小投資家なので、現在は約50万円での運用をしています。ショボいww。


それで配当金は約10,000円入ります。やはりショボいww。




しかし、これって改めて考えるとスゴくないですかΣ(・ω・ノ)ノ?

ただ株を保有しとくだけで年10,000円ですよ?




私は「割安・(再)成長」株に投資をしています。このような企業は多くの場合、配当利回りは低めです。自分の会社の成長に投資をしますので、配当金に回すお金は少ない方が良いですからね(株主もだいたいそれで承知してる)。



なので私の保有株の平均配当利回りは、約2%です。



高配当株の利回りは約3.5%程度だと思いますので、私の約50万円の運用額ですと、約17,500円もらえます。





たとえば200万円を運用すると配当金は約7万円もらえます。


本業で年7万円上げるには、1年間働かなければなりません( p_q)エ-ン。


しかし株を保有しているだけで年7万円もらえるって…






スゲェーーーwwオオーw(*゚o゚*)w!!





もちろん税金は引かれますが、私は「割安・(再)成長」株に投資をしているので、1年間は株価が騰がらない会社もあります。むしろ含み損になってる会社もありますので「損出し」すれば税金も戻ってきますしね。




ただし…配当金をもらうには、株を運用しなければなりません。つまり資産が減るリスクもありますので、注意を払う必要はあります。





しかし…「配当金生活」ってかなり優雅で憧れますよね(´∀`*)。


オレも「配当金で生活してるから働かなくて良いの」とか言ってみてぇ(*゚∀゚)っ。





平均年収の約450万円を配当金でもらうには、いくら運用額が必要なのかな?










約1億3千万円かぁ。





それだけあったら、むしろもう株やらないでのんびり暮らすわ (´▽`)。




とりあえず、株を購入するには証券会社の口座を開かなくてはなりませんが…少額投資におすすめの証券会社は、LINE証券と松井証券です。





LINE証券の魅力としては
・1株単位で数百円から株が買える
・LINEポイントを使って投資ができる

とかですね。




松井証券の魅力としては
・1日の約定代金合計50万円以下の株式取引手数料は無料
・資産運用をトータルでサポートする「ロボアドバイザー」が無料で利用できる

とかですね。






※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
 


今回は●7201 日産自乗車 が東証市場再編でどうなるのかを確認していきましょう。


その他銘柄をお持ちの皆様はこちら☟参考になります。






日産自動車は再編でどうなる?



まず、東証市場再編の基準は以下の図です。


東証市場再編




日産自動車はギャンブル的な感覚で保有しているのでファンダ分析などはしていませんが、一応これは確認していきましょう。



【日産自動車株式会社】


①株主数:566964人 ⇒ プライムクリア

②流通株式数:2300万単位 ⇒ プライムクリア
 発行済株式 4,220,715,112株
 大株主株式 1,831,837,000株
 自己保有株式 28,585,500株
 役員保有株式 169,000株
 残り株式 2,360,123,612株

③流通株式時価総額:1300億円 ⇒ プライムクリア
 株価559円として計算

④1日平均売買代金:90億円 ⇒ プライムクリア
 2021年1月~6月平均(1ヶ月22日で計算)

⑤流通株式比率:55.9% ⇒ プライムクリア

⑥財務状態プライムクリア
 純資産額4兆3398億円


ということで…



「プライム市場」



に移行できそうな感じですw(゚o゚)w オオー!



今でこそクソ株とか言われてますけど、私が保有しているその他の5銘柄と比べると、段違いのレベルの企業ですね。


さすがはNISSANです。こうしてみると超一流大企業ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!


なんか第1四半期決算は通期予想黒字転換していましたね。


利益復活に期待してます。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



ということで、ワタクシの保有銘柄の6つの結果ですが…

つはおそらくプライム市場
つはおそらくスタンダード市場


に移行しそうです。
(屮゚Д゚)屮 カモーン




※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼


今回は●9306 東陽倉庫 が、東証市場再編でどうなるのかを確認していきましょう。


東陽倉庫は超不人気銘柄で皆さんにはマジで関係無いと思うので、こちら☟参考になります。






東陽倉庫は再編でどうなる?


まず、東証市場再編の基準は以下の図です。


東証市場再編



これを確認していきましょう。



【東陽倉庫株式会社】


①株主数:3806人 ⇒ プライムクリア
 改めて見ると少なっ(((( ;゚д゚)))

②流通株式数:37万単位 ⇒ プライムクリア
 発行済株式 39,324,953株
 大株主株式 0株
 自己保有株式 1,371,000株
 役員保有株式 274,000株
 残り株式 37,679,953株

③流通株式時価総額:118億円(株価314円計算)
 ⇒ プライムクリア

④1日平均売買代金:0.08億円 ⇒ ノンプライム
 2021年1月~6月平均(1ヶ月22日で計算)
 スタンダードクリア

⑤流通株式比率:95.8% ⇒ プライムクリア

⑥財務状態:プライムクリア
 純資産額211億円



ということで…



「スタンダード市場」



には移行できそうな感じ( -д-)ノ。



しかし、おしいな(;´Д`)。


1日平均売買代金だけとは…










自社株買いだーーーー!!
(屮゚Д゚)屮 カモーン



まぁ、無理な範囲ですなε=ε=(;´Д`)。



とりあえず「スタンダード市場」で頑張ろう。もともとスタンダードな企業だしΣ(´д`;)…




残り 銘柄
3/6銘柄 プライム市場
2/6銘柄 スタンダード市場


●7201 日産自動車






※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼

このページのトップヘ