1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。

タグ:適性株価


今回は、適正株価についてを書いていこうと思います。





適性株価




適性株価を考察するにあたり、まずはEPS(1株当たり純利益)についてを説明します。


EPS(1株当たり純利益)とは、会社の最終利益である純利益を、発行済み株式数で割ったものです。



純利益が1000万円で、発行済み株式数が10万株の場合のEPSは、1000万円÷10万株=100円になります。


この会社の利益は1株当たりだと100円ということになります。




そして、現在のこの会社の株価が3000円だとすると、EPSが100円だから、その30倍の値段がついているとなります。



この「30倍」がPERで、PERとは「今の株価が“1株当たりの純利益”の何倍なのか」を表すものです。



一般的にPERは15倍を基準にされているようで、15倍より高いと「割高」、15倍より低いと「割安」とされているようです。



それでは、●3940 ノムラシステムを見ていきましょう。

(私が自分で計算したものですので、合っているか分かりませんが…)




ノムラシステムの適性株価


私が購入した日の株価は470円でした。



2019年期の純利益から計算すると、PERは約44.9倍です。



成長株のPERは、通常のそれとは違い、PERは20倍~25倍と言われています。



それを差し引いて考えても…





割高も割高、チョー割高じゃん(゚∀゚)アヒャヒャ




それもそのはず、ワタクシはファンダ分析もせず、イナゴしてしまい購入したからです。
株素人がイナゴライダーした結果…。







イヤ、待て。




待てよ。




ちょっ、待てよ。





と。





今年のノムラシステムは違うぞ…と。






このコロナ禍で、リモートワークはもとより仕事の効率化が求められ、また国内のIT対応への遅れが露呈されました。


さらに菅政権発足後、デジタル庁新設やデジタル改革大臣発足など、一気に日本のデジタル化が進みそうですよ…と。




このため、DX(デジタルトランスフォーメーション)関連会社へのコンサル、システム発注が集中し、DX関連会社の売り上げが伸びる可能性はだよ…と。




DX関連株である●3940 ノムラシステム も業績が良くなるから、PERが下がるだろうから適性株価に近づくんではなかろか…と。














はたしてどうでしょうかね?




仮に業績が今年伸びたとして、適正な株価になるための売上高はいくら必要なのか計算してみました(営業、経常、純利益などに関わる割合を抜きにして単純計算)。



ざっくり言うと…






売上高が2019年期の約2倍まで上がれば、PER20倍~25倍の範囲に収まります。







これが簡単か困難な数字なのかどうかは、はっきり言って分かりません。






自分の年収を1年で2倍に上げると考えると、かなり難しい気もしますね(´?д?;`)



私の短い投資経験上では、決算報告で「前期比200%増」なんて企業はあまり見たことがありません。




まぁ、株価なんて意味分からん動きしますからね。またPERや業績が全てではないですからね。ましては株価は半年~1年先ぐらいを予見する形で動くらしいですからね。



ノムラシステムもありえない話ではないかもしれません。




結局…





何も分からん(`ヘ´) フンダ!!!






次回は、PEGレシオについて書いていこうと思います。





【参考にしているメディア・本など】



◆◆無料登録でおすすめ銘柄を無料配信◆◆

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!



◆◆1株単位で数百円から株が買える◆◆

LINE証券



◆◆株の基本や長期投資おすすめ本◆◆

株素人だった私が参考にしている本は「エナフンさんが執筆した本」です。

株式のことが素人にもとても分かりやすく書かれています。






※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


株式長期投資ランキング





日経平均がコロナショック前まで戻ってきている…。


こ、





これは、







もしや…









どゆこと?




意味が分かりませんので、●2749 JPHD のファンダ分析の続きをしていこうかと思います。


とりあえずこのシリーズは、今回を入れて、あと3回です。


今回は、適性株価について書いていこうと思います。




適性株価



適性株価を考察するにあたり、まずはEPS(1株当たり純利益)についてを説明します。



EPS(1株当たり純利益)とは、会社の最終利益である純利益を、発行済み株式数で割ったものです。



純利益が1000万円で、発行済み株式数が10万株の場合のEPSは、1000万円÷10万株=100円になります。



この会社の利益は1株当たりだと100円ということになります。



そして、現在のこの会社の株価が3000円だとすると、EPSが100円だから、その30倍の値段がついているとなります。



この「30倍」がPERで、PERとは「今の株価が“1株当たりの純利益”の何倍なのか」を表すものです。





一般的にPERは15倍を基準にされているようで、15倍より高いと「割高」、15倍より低いと「割安」とされているようです。




それでは、●2749 JPHDを見ていきましょう。

(私が自分で計算したものですので、合っているか分かりませんが…)





JPHDの適性株価



私が購入した日は株価275円でした。


2020年期の純利益から計算すると、PERは21.5倍みたいです。



こちらも前回の●6192 HyAS&C に続き、一般的な水準からすると「割高」となります。





私は、基本的に「割安株・成長株」を探していますが、今回は「割高株」を購入したことになります。




理由は詳細には次回の記事で話しますが、今の所こちらの会社は「成長する」と判断しています。


なので、「割高」でも購入しました。




簡単に言うと、PERは「割高」でも、純利益が上昇していけばPERは低くなるからです。


詳細はこちら
ザイONLINE 「PERが高い株は買ってはダメ」が大間違いの理由。





次回は、PEGレシオについて書いていこうと思います。





【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●2060 フィード・ワン 186円×300株
●6400 不二精機 276円×100株
●2749 JPHD 275円×100株
●3940 ノムラシステム 470円×100株




【今月の確定損益結果】
±0円




※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



#株 #素人 #投資 #少額 #資産形成 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析 #1万円



今日も子供と散歩に行ってきました。

図3


この前まで「怖い怖い」とか言って、全然乗らなかったのに、いつのまにか乗れてるやん。



それはそうと、特別定額給付金で、家の2階のファミリースペースに机を作ってもらいました。



(まだ給付金は振り込まれてないですが…)


机は、私の書斎用の机と、子供の学習机を兼ねているのでL字型で、長めの机になっております。


まだ椅子などが届いてないので、完成したら写真を記事にアップしようと思います。



一応、近所の知り合いの工務店に作ってもらいました。

少しは経済活性化のお手伝いができたかな?




話は変わりまして…



最近の記事では、●6192 HyAS&C のファンダ分析を書き下ろしています。

しかし、実は…



HyAS&C は6月4日をもって売却致しました。




理由については、「ファンダ分析(HyAS&C編)ーまとめー」でご報告させて頂きます。


ただ、HyAS&C のファンダ分析の記事を書き溜めておいたので、2020年4月30日時点のものとしてお読みいただければと思います。






今回は、適正株価についてを書いていこうと思います。


まずはEPS(1株当たり純利益)についてを説明します。


EPS(1株当たり純利益)とは、会社の最終利益である純利益を、発行済み株式数で割ったものです。


純利益が1000万円で、発行済み株式数が10万株の場合のEPSは、1000万円÷10万株=100円になります。


この会社の利益は1株当たりだと100円ということになります。


そして、現在のこの会社の株価が3000円だとすると、EPSが100円だから、その30倍の値段がついているとなります。


この「30倍」がPERで、PERとは「今の株価が“1株当たりの純利益”の何倍なのか」を表すものです。



一般的にPERは15倍を基準にされているようで、15倍より高いと「割高」、15倍より低いと「割安」とされているようです。


それでは、●6192 HyAS&C を見ていきましょう。

(私が自分で計算したものですので、合っているか分かりませんが…)




HyAS&Cの適性株価




2019年期のPERは18.3倍みたいです。そして分析した日の株価は195円です。



私は今まで「割安・成長株」を狙って銘柄を購入してきました。



なので今回、初めての「割高」株の購入となりました。



理由は…




なんとなく。





とりあえず、今回のコロナの影響で、私が買える値段に下がった(コロナ前から半額)から購入しました。


また、この会社のPERの最近の平均値は、36.72倍だったので、保有しといて損は無いかなというところです。


なぜ36.72倍と人気銘柄だったのか分かりませんが、その程度のPERまで戻ってきたらお別れ(売却)をしようかなとも思います。


お別れのあいさつ




次回は、PEGレシオについて書いていこうと思います。





【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●2060 フィード・ワン 186円×300株
●6400 不二精機 276円×100株
●2749 JPHD 275円×100株



【今月の確定損益結果】
+3,300円



※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



#株 #投資 #少額 #銘柄 #資産形成 #損益 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析



新型コロナウイルスによって日本経済にも大きく影響が出てきそうな週末です。

明日からの株価はどうなっていくでしょうか?

私の保有株はまだまだ落ちていきそうですね。



今回は、適正株価についてを書いていこうと思います。


まずはEPS(1株当たり純利益)についてを説明します。


EPS(1株当たり純利益)とは、会社の最終利益である純利益を、発行済み株式数で割ったものです。


純利益が1000万円で、発行済み株式数が10万株の場合のEPSは、1000万円÷10万株=100円になります。

この会社の利益は1株当たりだと100円ということになります。


そして、現在のこの会社の株価が3000円だとすると、EPSが100円だから、その30倍の値段がついているとなります。

この「30倍」がPERで、PERとは今の株価が“1株当たりの純利益”の何倍なのかを表すものです。


一般的にPERは15倍を基準にされているようで、15倍より高いと「割高」、15倍より低いと「割安」とされているようです。



それでは、●6400 不二精機を見ていきましょう。

(私が自分で計算したものですので、合っているか分かりませんが…)




不二精機の適性株価



2019年期のPERは7.3倍みたいです。「割安感半端ないって‼」。そして分析した日の株価が260円です。


仮にPER10倍になったと仮定すると、株価は約372円になります。また一般的なPER15倍になったと仮定すると560円になります。


株価の是正が入ると2倍高じゃん‼



出来高も9300株って、ほとんどの人がスルーしてる


この状況に周りの人が気づいたら、株価が是正されるんじゃないの?


ただ、私の勉強・知識不足で実は悪材料が潜んでいて、まだ表面化しておらず、私だけ気づいていないだけかもしれませんが。



この会社のPERの最近の平均値は24.41倍みたいなので、今はちょっと低めになっているようです。

(ってことは、かなりバリュー感半端ないってことやん?)




次回は、PEGレシオについて書いていこうと思います。




【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●8135 ゼット 261円×100株
●2060 フィード・ワン 185円×100株
●6400 不二精機 276円×100株


【今月の確定損益結果】
±0円



※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれている事は100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



#株 #投資 #法則 #少額 #銘柄 #資産形成 #損益 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析




今回は、PERについてを書いていこうと思います。


まずはEPS(1株当たり純利益)についてを説明します。


EPS(1株当たり純利益)とは、会社の最終利益である純利益を、発行済み株式数で割ったものです。


純利益が1000万円で、発行済み株式数が10万株の場合のEPSは、1000万円÷10万株=100円になります。

この会社の利益は1株当たりだと100円ということになります。


そして、現在のこの会社の株価が3000円だとすると、EPSが100円だから、その30倍の値段がついているとなります。

この「30倍」がPERで、PERとは今の株価が“1株当たりの純利益”の何倍なのかを表すものです。


一般的にPERは15倍を基準にされているようで、15倍より高いと「割高」、15倍より低いと「割安」とされているようです。



それでは、●8135 ゼット を見ていきましょう。

(私が自分で計算したものですので、合っているか分かりませんが…)




ゼットの適性株価




2019年期のPERは7.1倍みたいです。「割安感半端ないって‼」。そして分析した日の株価が258円です。


仮にPER10倍になったと仮定すると、株価は約370円になります。また一般的なPER15倍になったと仮定すると570円になります。


株価の是正が入ると2倍高じゃん‼


もしかして、あまり見つかってなかった良銘柄を発掘できたんじゃないの?出来高も54600株だし、ほとんどの人がスルーしてる‼


ただ、私の勉強・知識不足で実は悪材料が潜んでいて、まだ表面化しておらず、私だけ気づいていないだけかもしれませんが。



この会社のPERの最近の平均値は9.52倍(もともと低いんかいっ‼)みたいなので、今はちょっと低めになっているようです。


ただ、直近4年間は増益傾向ですし、とりあえず2020年中間期までを見ても業績は良いようなので、とりあえず「買い」にしてみました。



次回は、時価総額について書いていこうと思います。



【ENTRY】
なし


【EXIT】
なし


【HOLD】
●8135 ゼット 261円×200株
●2060 フィード・ワン 185円×100株
●3071 ストリーム 85円×100株


【今月の確定損益結果】
-400円



※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれている事は100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



#株 #分析 #投資 #法則 #少額 #銘柄 #資産形成 #損益 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析



このページのトップヘ