1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。

タグ:雑記


漫画の中ではありがちなセリフ…。


リアル生活場面でそのセリフを言ってしまうと、すごくイタイ奴に見られることってありますよね~。


しかし、インパクトは間違いなく大きいでしょう。推奨はしませんが「ここぞ」というときに検討してみて下さい。



今回よりワタクシの好きな漫画の中から、いくつかシリーズ化することにしてみました。


やっぱりまずは「ドラゴンボール」からでしょう!!
(屮゚Д゚)屮 カモーン




DB名言をリアル生活で放ったら


まず、こちらのセリフから。



「戦闘力…たったの5か…ゴミめ…」
(ラディッツ)




ドラゴンボールの話が飛躍的になる「サイヤ人編」。


サイヤ人である孫悟空を仲間に引き入れるために、悟空の兄と名乗るサイヤ人「ラディッツ」が地球へやってきました。

宇宙船から降り、地球人の戦闘能力をスカウターで測った後に発したセリフです。



サイヤ人の戦闘能力の高さや、その非常なる性格など、このたった一言で「すんげぇ危機が来た」と感じさせられた圧倒的なセリフです。






<このセリフのリアル世界での使用例>


あなたが初めて部下を持ち、その部下に対して、初日の初言でこのセリフを放ちましょう。



「戦闘力…たったの5か…ゴミめ…」




部下の頭の上には「?」がつくこと間違いないでしょう。



確実にインパクトを与えることができます。

ギャリック砲よりダメージを与えることでしょう。




完全に普通の上司ではないことを、右も左も分からぬ部下に理解させることができます。ナメられることは未来永劫ありません。しかし、それと同時にパワハラで訴えられ、自分が社会のゴミになる可能性がありますので注意が必要です。



注意したい点は、その部下がドラゴンボールを知らなかった場合、「戦闘力」という漢字が頭に浮かばず、「セントウリョクって何?」みたいな感じになってしまうと危険です。


そのために、まずは「戦闘力について」と「スカウターについて」と「地球人の戦闘力の平均値±標準偏差」について、パワーポイントかなんかでプレゼンをし、しっかりと理解を深まらせておくことが良いと思います。


また、そのセリフを発した自分自身も「戦闘能力は5±2」ぐらいであることは全無視して発言しましょう。





次はこちらのセリフ。




「きさまなど手も足も使わず、ベロだけで倒してみせよう」
(桃白白)


自称世界一の殺し屋の桃白白。失態を犯したレッドリボン軍のブルー将軍を倒すときに放ったセリフ。


桃白白は鶴仙人の弟で、271歳の時に脱サラをして殺し屋になったという異例の経歴の持ち主。しかしその実力は本物。




<このセリフのリアル世界での使用例>


これは受注先企業から生産受注を受けたが、他社とのコンペになり、プレゼン対決をし、勝利した方が受注を受けることになった。そのコンペ当日のプレゼン時に、コンペ相手に、このセリフを放ってみると良いでしょう。




「きさまなど手も足も使わず、ベロだけで倒してみせよう」



まずその場は凍り付くはずです。おそらく、その場に居合わせた人間が、一瞬カオス状態になります。このプレゼンに懸けるただならぬ意志を植え付けることができるでしょう。


「プレゼン対決なのにベロで倒すの?意味分からんけど。」

と思われるか、


「饒舌」という「ベロ」で倒すことと掛けているのか、と上手に解釈してくれる会長さんもいるかもしれません。





しかし、プレゼンでは必ず負けると思います。


その時は、そこら辺の円柱状の柱の上と下の部分に、ちょこんと蹴りを入れ、棒状の形にして、窓へぶん投げ、その上に飛び移って、その場を逃げ切りましょう。






最後はこちらのセリフ。




「私の戦闘力は530000です…
ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく…」

「よし!先に絶望感をあたえておいてやろう… どうしようもない 絶望感をな… 
このフリーザは変身をするたびにパワーがはるかに増す…その変身をあと2回もオレは残している…  その意味がわかるな?」
(フリーザ)



これは有名な「フリーザ編」。


ナメック星で一番の戦士である「ネイル」に向け、フリーザが発したセリフ。

2つ目のセリフは、さきほどのネイルと融合したピッコロに対してフリーザが発したセリフ。


第2段階の変身をしたフリーザと善戦していたピッコロ。しかしピッコロは、フリーザが変身することを知らない。そのピッコロ、クリリン、悟飯、ベジータに確実に絶望感を与えた一言だろう…。





<このセリフのリアル世界での使用例>



これは仕事で、企業損失の計り知れない失敗をし、部長室に呼び出され、絶対に怒られる危険を感じた時に、防御戦線を張っておく必要がある場合にこのセリフを放ちましょう。




「私の戦闘力は530000です…
ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく…」




まず戦闘力が自分は530000あることを部長に認識させます。しかし「フルパワーで戦う気はない」ことを伝え、なぜか上から目線で先手をとっておいて、そこまで戦意は無いことを表現します。



突然意味の分からない発言した社員を見て、萎縮しまくっているであろう部長に向けて、さらに追い打ちをかける意味で続けざまにこの発言をしよう。



「よし!先に絶望感をあたえておいてやろう… どうしようもない 絶望感をな… 
このフリーザは変身をするたびにパワーがはるかに増す…その変身をあと2回もオレは残している…  その意味が分かるな?




さらに自分は変身ができ、変身をするたびにパワーが増し、しかもその変身を2回も残していることを伝えます。




そのセリフを聞いた部長は震え上がり、声すら出せないでしょう。怒鳴り散らそうと思っていた感情は一度「虚無」と化します。そして、あなたに対する感情は「恐怖」へと変わるはずです。悪の帝王の出来上がりです。








怒鳴られることは回避できますが、確実にクビになります。





やはり漫画のセリフは、漫画の中だけが良さそうです。



というしょーもない雑記も書いてます。
カテゴリ: 雑記




◆◆おすすめ漫画ドラゴンボール◆◆




◆◆ラーメンはやっぱり食べたい◆◆





↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング









という内容で、今日はスタートしたい。



今、私の中で流行っている事は、「いい天気ですね」や「今日も暑いですね」という、日常的に使用し、数秒で話が終わってしまうフレーズを、どこまで面白く深い記事にできるのかに挑戦することである。 



私の中で流行っていると言っても、かれこれ数ヶ月規模で流行っているのではない。











たった今から「これやろう」と思っている。













ということは、もはや流行っていない。





嘘である。








ただ、流行っているという謎のプライドを持ちながら、この記事を書いていこうと思う。なにゆえ?






しかし、何をするにしても目標が大事である(と誰かが言っていたような気がする)ため、目標を立てることにしよう。



では、目標としては「いい天気ですね」のフレーズを、「Yahoo!天気」検索ランキングで第1位に輝かせることを目標としよう。





なぜかこの目標は達成できるような気がしてやまない。


私には神がかっている力があるのか?神通力か?…定かではないが、なぜか達成できそうな予感がする。






では、始めていきたいと思う。






まず、この「いい天気ですね」のフレーズは、およそ初対面の人と会話をする時の常套句だろう。



私:「はじめまして」
初対面の人:「どうも、はじめまして」

私:「…いい天気ですね」
初対面の人:「そうですね」




こういうやり取りは、皆さんもご経験があるのではないだろうか。



では、なぜこの「いい天気ですね」のフレーズを使用してしまうのかを考えてみたい。





おそらくそれは、理性のある人間だからだ。



普通の人間は、初対面の人と会話する時に、会話に詰まり、「・・・・・・・」の間が、非常に気まずい。



このため、次の会話の内容を考えるための時間稼ぎ役として、「いい天気ですね」が選択される。





しかしこの、「いい天気ですね」のフレーズ選択は非常に理性があり、品性をも感じる。




得てして理性がなく、品性のかけらもない人間だった場合、その場は恐ろしいことになるだろう。








例として、私がアナリティクス大好きおじさんだったとしよう。このアナリティクスというのはあれだ。分かりますか?あれです。そうあれ。良く耳にするあれ。それに相互変換が必要。






私:「はじめまして」
初対面の人:「どうも、はじめまして」

私:「…いいアナリティクスですね」



と、こうなってしまう。



「イヤ、なぜいきなりアナリティクスだ。」


と、トータルテンボスの藤田の如く突っ込みが入るだろう。






「いや、アナリティクス全開て、初対面の人はどんな奴やねん!!」


という「設定上のバグ?」という疑問すら生じてくる。




しかし、仮にその状態だったとして、挨拶が成り立つのかを一応確認してみよう。










私:「はじめまして」
初対面の人:「どうも、はじめまして」

私:「…いいアナリティクスですね」
初対面の人:「いえいえ、どんでもない…♡」




非常にしっくりきている。





次回から、初対面の人と会う時には、「いいアナリティクスですね」も常套句の1つとして頭に入れておこう。





















アナリティクスの話になっている…。





「いい天気ですね」の話にはなっていない。



このままでは「いいアナリティクスですね」が検索ワード1位になってしまうし、私はアナリストになってしまう。




教育水準の高い日本として、これはいけない。





時を戻そう…。





この「いい天気ですね」というフレーズを使う機会の多い、初対面の人との会話の所まで話を戻す。



「いい天気ですね」を使用する時に、私たちは何を求めているかというと、おそらく時間稼ぎであり、「・・・・・・」の気まずい間を嫌うのだ。



しかし、大抵の場合、「いい天気ですね」と話を振っても、「そうですね」の約1秒ほどしか時間を稼げない。



つまり、1秒後にはまた会話に詰まってしまうのである。


このため、少しでも時間を稼ぐために、この「いい天気ですね」にさらに常套句を加えて、カスタマイズをしたらどうだろうか?




つまり、「違う常套句+いい天気ですね」の形である。





では、さっそくやってみよう。



まずは、これも良く使う「恐縮ですが」でカスタマイズしてみよう。





私:「はじめまして」
初対面の人:「どうも、はじめまして」

私:「恐縮ですが、いい天気ですね」






いかがだろうか。



「恐縮ですが、あなたと会うためだけに、天候を操り、晴れにしておきました。ただ少し、世界の形を変えてしまいましたが。」


という解釈になると思う。




「え?お前さん、もしや天気の子?」




と会話が弾んでくるに違いない。



次回から、初対面の人と会う時には、「恐縮ですが、いい天気ですね」も常套句の1つとして頭の中に入れておこう。







次に、「逆の立場だった時に会話を盛り上げるにはどうするか?」を考えてみよう。


つまり、初対面の人から「いい天気ですね」と言われて、「なんと言葉を返すか」である。




例を挙げるとこうだ。

初対面の人:「はじめまして」
私:「どうも、はじめまして」

初対面の人:「…いい天気ですね」
私:「〇〇〇〇〇」



いかがだろう。


皆さんも考えていただきたい。





とりあえず、会話の引っ掛かりを見つけたいので、このように返答してみよう。












「そう思われた根拠を話してもらっても良いですか?また、それは証明された事実なのでしょうか?」








これだ。




これなら、話題に困って「・・・・・・」の気まずい間は幾分も生じない。


生じるとするならば、「え?何なん?こいつキモっ」と思われ、この初対面の人との軋轢が生じ、ビジネスがいきなり破綻するだろう。



しかし、ビジネスなど小さいことに気にしなければ、初対面の人との気まずい間は生じない。




初対面の人:「はじめまして」
私:「どうも、はじめまして」

初対面の人:「いい天気ですね」
私:「そう思われた根拠を話してもらっても良いですか?また、それは証明された事実なのでしょうか?」













いかがだっただろうか?


今回の記事テーマである『「いい天気ですね」という取り留めの無いフレーズを、どこまで面白くできるか挑戦してみた。』






【検証結果】
惨敗。



というしょーもない雑記も書いてます。
カテゴリ: 雑記







※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


素人投資家ランキング



#株 #投資 #少額 #成長 #ファンダメンタルズ #企業分析 #1万円  #育児 #家事 #雑記



ここ3年は、ワタクシの短い人生の中で最悪な3年でした。

まさに生命の危機を感じるほどでした。


①慢性副鼻腔炎が謎の増悪常駐
②40℃の原因不明な高熱
③差し歯がダメになって激痛&抜歯
④パニック障害


もともと持病で「慢性副鼻腔炎」を患ってましたが、今までは風邪をひいたときに少し増悪し、頭痛や顔面痛が出る程度のものでした。


とりあえず日常生活には全く支障はなく、持病と共生しておりました。



しかし3年前この「慢性副鼻腔炎」が「増悪常駐」という恐ろしい進化を遂げ、ワタクシに襲い掛かり、日常生活が苦痛な日々になりました。



この「増悪常駐」というのは、鬼滅の刃で言う所の「全集中常駐」とほぼ同義と考えてもらえば良いと思います。



鬼をも切り裂く肉体を得ることができる「全集中の呼吸」を「常時使用」できるという無敵すぎる技です。



マリオで言えば、スターマリオ。
悟空で言えば、超サイヤ人ゴッド。
フリーザで言えば、ゴールデンフリーザ。
戸愚呂で言えば、100%中の100%。



まさに裏技中の裏技。



というか卑怯状態。



そんなゲームや漫画でしか表現されないような領域を、たかが「慢性副鼻腔炎」のくせに「増悪常駐」という進化を遂げ、無防備な私を襲ってきたのです。



とりあえず、これに悩まされること1年弱…その次は原因不明の高熱、抜歯、パニック障害と怒涛の4連撃を受けました。


ファイアーボール、かめはめ波、デスボール、フルパワータックルを受けるような心境です。


4回は死んでます。はい。




しかし、なぜこんなにも一気に病気が襲ってきたのか…。

そんなことを考えていた私が、何気なくテレビを見ていた時にこの原因が分かりました。




そのテレビ番組中に、どっかの学者がこう言ってました…。




「人間ってDNA的な寿命は38歳だよ」



すべて腑に落ちました。





「オレは寿命を迎えているんだ」と。




現在、私は35歳。




ホモ・サピエンスは38年。ホッキョククジラは268年。ピンタゾウガメは120年。


人間が自然界で生きていれば、寿命は38年だと推測されているそうだ。



なぜ高齢社会を迎えているかというと、現在の人間は他の動物から襲われることも無いし、家や衣服、食料もある。すごく恵まれた環境に置かれているからだということ。



だが、もし「衣食住」が無かったら?

常に外敵から狙われる環境だったら?



体力や自律神経調整能力低下が著しい30歳~40歳…。果たして生き残れるだろうか?無理だな。


まずライオンに食われるだろう。


30mぐらい走って逃げて、息切れして、追い付かれて食われる。もしくは足が回らず転倒。一生の不覚。


シマウマなんて狩れない。そんな元気ない。だって夜もしっかり眠れてないもん。そんなパリピみたいなテンションではない。



ということで、DNAに刻まれた痕跡から推定すると、人間の寿命は38歳なんだと。



ちなみに動物園にいる動物たちは、環境に恵まれてるから、通常の寿命より長生きするんだそう。



つまり、ワタクシはDNA的には寿命を迎えており、今までの生き方では体がついていかないみたいだ。



ということで、ゆっくり暮らしていく方法を考えて実践中です。



そういうことでお金が働いてくれる「投資」おススメです。



というしょーもない雑記も書いてます。
カテゴリー:雑記




◆◆まずは金融リテラシー高めて資金が必要◆◆





◆◆株の勉強は必要◆◆







※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれていることは100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします。



↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング








<ピーターの法則>
(1)能力主義の階層社会では人は能力の限界まで出世し、有能なスタッフは無能な管理職になる



人は、昇格し、今までと違った経験ができるので、仕事力は養われていきます。そして人々は成長していくと思います。

その経験(職場指導・教育含む)が、人を成長させるのかと、今までは考えていました。


しかし、それは「もともとのポテンシャルがあるからその経験を糧にし、成長しているのではないか」(それこそポテンシャルで)と考えるようになってきました。


といった所まで書いていきました。



今のところ、この問題は解決できておりません。



とりあえず、人材育成方法の教養や組織マネジメント手法を深める事で、スタッフのポテンシャルを引き出せる、もしくは引き上げる事ができるものとして、話を進めていこうと思います。




<ピーターの法則>
(1)能力主義の階層社会では人は能力の限界まで出世し、有能なスタッフは無能な管理職になる

(2)時が経つにつれ無能な人はその地位に落ち着き、有能な人は無能な管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は無能な人で埋め尽くされる

(3)ゆえに組織の仕事は、出世余地のある無能レベルに達していない人によって遂行される



とりあえず、(2)の話に移りましょう。


ピーターの法則②


ポテンシャル「中」君でいうと、係長弱レベルのポテンシャルで、係長に就任しています。

なので、部下からは『無能な上司』と思われています。



元々のポテンシャルは係長弱レベルでしたので、努力してポテンシャルを引き上げなければ、『有能な上司』になれません。


しかし、その努力は今まで自分が苦手としている分野です(ポテンシャル外だから)。


さらに、このような特殊技能・感覚は、ちょっとやそこらの努力ではレベルは上がらないですし、客観的指標が少ないので、レベルが上がっている実感も沸きません。



さて…

そこまでして努力する人間はどのくらいいるでしょうか?



<ピーターの法則>
(2)時が経つにつれ無能な人はその地位に落ち着き、有能な人は無能な管理職の地位に落ち着く。


「ピーターの法則(2)」でいうと、そのような(すごい努力を続けながら成長しようという気概を持った)人間はほとんどいなかったようですね。



これは職場を見てみると、ちらほら感じる事があるんじゃないでしょうか?



自分の成長を諦めており、その地位に落ち着いている上司は、少なからずいると思います。

(そして、その姿を見て部下は泣いている。もしくはその職場に愛想をつかして辞める)




しかし、可哀そうなことは、その『無能な上司』も元々は有能な社員で、限界まで昇格してしまったため、『無能な上司』になってしまっている。


というわけです。


<ピーターの法則>
(2)時が経つにつれ無能な人はその地位に落ち着き、有能な人は無能な管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は無能な人で埋め尽くされる


各階層(主任・係長・課長…)でも同じことが起こりますから、その結果として、各階層は無能な人で埋め尽くされることになるわけです。



「『無能な上司』がムカつく~」とか、騒いでいた自分も…昇格し続けたら、今度は自分が『無能な上司』になっていた。



…まるで「本当にあった怖い話」ですね。(怖いなぁ、怖いなぁ、やだなぁ、やだなぁ)


次回に続く…



◆◆◆面白かった本◆◆◆




◆◆ラーメンはやっぱり食べたい◆◆





↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング








続きです。

上司って無能な人が多いですよね。それ当たり前なんです。
上司って無能な人が多いですよね。それ当たり前なんです。(2)


普通は、平社員から始まり、主任→係長→課長…取締役などに順当に出世していくことを連想しがちです。

しかし、そうであれば「無能な上司だな」と感じることはありません。

有能なので出世し続けているわけですから…



ピーターは「無能な上司」が出来上がる理由を以下のように説明しています。




<ピーターの法則>
(1)能力主義の階層社会では人は能力の限界まで出世し、有能なスタッフは無能な管理職になる


この「限界まで出世し」とありますね。ということは、昇格→「さらに実力をつけ」は、無限サイクルではないことを意味しています。


個人によってはさらなる実力の伸びしろが無い」場合が存在するということですね。


「ポスト(地位)が人を作る」のような格言のように、能力が引き上げられたりする場合はあると思いますが、私は、もともとのポテンシャルの影響が大きいんじゃないかと思います。



つまり、昇格する度に、さらに実力をつけているんじゃなくて、「もともと持っていたポテンシャルが高いから、昇格していく」の方が、影響度が大きいんじゃないでしょうか?



つまり、下図のようになります。



ピーターの法則②



ポテンシャル「小」君(青色)から説明しましょう。



ポテンシャル「小」君は、主任レベルのポテンシャルを持っていました。

なので、平社員時代はとても有能であり、一目置かれる存在でした。


平社員としては有能なので、主任に昇格しました。




しかし、平社員と主任の仕事内容は違い、部下たちの管理が上手くいかず、なかなか思うように事が運びません。


ポテンシャル「小」君は、図のように係長までのポテンシャルはありませんでした。ただ主任の後半ぐらいのポテンシャルはありました。



このため、部下からは「主任っちゃ主任レベルやけど、イマイチやな」と思われています。





次に、ポテンシャル「中」君(黄色)は、係長レベルのポテンシャルを持っていました。


ピーターの法則②



なので、主任時代には、有能な主任だと、部長達から一目置かれていました。

主任レベルの中では有能だったので、係長に昇格しました。



しかし、係長の仕事は、他部署との連携などが求められ、なかなか思うように事が運びません。

ポテンシャル「中」君は、図のように課長までのポテンシャルはありませんでした。しかも係長の前半ぐらいのポテンシャルしかなく…



部下からは、他部署との連携全然進めれない「めちゃくちゃ無能な上司やん」と思われています。




とこのように…

<ピーターの法則>
(1)能力主義の階層社会では人は能力の限界まで出世し、有能なスタッフは無能な管理職になる


とは…


「上司が無能」なのではなく、今いる階級では有能なので、上の階級(役職)でも上手くやるだろうと思い、出世させた結果、ポテンシャルを超えてしまい「無能」になってしまう…


わけです。



ということで…


「上司が無能」って当たり前なんですよ。




しかし、悲しいかな、悲劇はそれだけではありません。
('A`|||)



続く…。




◆◆ラーメンはやっぱり食べたい◆◆





◆◆除草剤はこれが長持ち(約6ヶ月)◆◆





↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング








このページのトップヘ