1万円少額株式投資生活のブログ

1万円というかなり少額資産から株式投資をスタートし、運用を報告していくブログです。 半分は雑記ブログでもあります。

タグ:雑記



<ピーターの法則>
(1)能力主義の階層社会では人は能力の限界まで出世し、有能なスタッフは無能な管理職になる



人は、昇格し、今までと違った経験ができるので、仕事力は養われていきます。そして人々は成長していくと思います。

その経験(職場指導・教育含む)が、人を成長させるのかと、今までは考えていました。


しかし、それは「もともとのポテンシャルがあるからその経験を糧にし、成長しているのではないか」(それこそポテンシャルで)と考えるようになってきました。


といった所まで書いていきました。



今のところ、この問題は解決できておりません。



とりあえず、人材育成方法の教養や組織マネジメント手法を深める事で、スタッフのポテンシャルを引き出せる、もしくは引き上げる事ができるものとして、話を進めていこうと思います。




<ピーターの法則>
(1)能力主義の階層社会では人は能力の限界まで出世し、有能なスタッフは無能な管理職になる

(2)時が経つにつれ無能な人はその地位に落ち着き、有能な人は無能な管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は無能な人で埋め尽くされる

(3)ゆえに組織の仕事は、出世余地のある無能レベルに達していない人によって遂行される



とりあえず、(2)の話に移りましょう。


ピーターの法則②


ポテンシャル「中」君でいうと、係長弱レベルのポテンシャルで、係長に就任しています。

なので、部下からは『無能な上司』と思われています。



元々のポテンシャルは係長弱レベルでしたので、努力してポテンシャルを引き上げなければ、『有能な上司』になれません。


しかし、その努力は今まで自分が苦手としている分野です(ポテンシャル外だから)。


さらに、このような特殊技能・感覚は、ちょっとやそこらの努力ではレベルは上がらないですし、客観的指標が少ないので、レベルが上がっている実感も沸きません。



さて…

そこまでして努力する人間はどのくらいいるでしょうか?



<ピーターの法則>
(2)時が経つにつれ無能な人はその地位に落ち着き、有能な人は無能な管理職の地位に落ち着く。


「ピーターの法則(2)」でいうと、そのような(すごい努力を続けながら成長しようという気概を持った)人間はほとんどいなかったようですね。



これは職場を見てみると、ちらほら感じる事があるんじゃないでしょうか?



自分の成長を諦めており、その地位に落ち着いている上司は、少なからずいると思います。

(そして、その姿を見て部下は泣いている。もしくはその職場に愛想をつかして辞める)




しかし、可哀そうなことは、その『無能な上司』も元々は有能な社員で、限界まで昇格してしまったため、『無能な上司』になってしまっている。


というわけです。


<ピーターの法則>
(2)時が経つにつれ無能な人はその地位に落ち着き、有能な人は無能な管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は無能な人で埋め尽くされる


各階層(主任・係長・課長…)でも同じことが起こりますから、その結果として、各階層は無能な人で埋め尽くされることになるわけです。



「『無能な上司』がムカつく~」とか、騒いでいた自分も…昇格し続けたら、今度は自分が『無能な上司』になっていた。



…まるで「本当にあった怖い話」ですね。(怖いなぁ、怖いなぁ、やだなぁ、やだなぁ)




◆◆人材育成系のブログはこちら◆◆







↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング



続きです。

上司って無能な人が多いですよね。それ当たり前なんです。
上司って無能な人が多いですよね。それ当たり前なんです。(2)


普通は、平社員から始まり、主任→係長→課長…取締役などに順当に出世していくことを連想しがちです。

しかし、そうであれば「無能な上司だな」と感じることはありません。

有能なので出世し続けているわけですから…



ピーターは「無能な上司」が出来上がる理由を以下のように説明しています。




<ピーターの法則>
(1)能力主義の階層社会では人は能力の限界まで出世し、有能なスタッフは無能な管理職になる


この「限界まで出世し」とありますね。ということは、昇格→「さらに実力をつけ」は、無限サイクルではないことを意味しています。


個人によってはさらなる実力の伸びしろが無い」場合が存在するということですね。


「ポスト(地位)が人を作る」のような格言のように、能力が引き上げられたりする場合はあると思いますが、私は、もともとのポテンシャルの影響が大きいんじゃないかと思います。



つまり、昇格する度に、さらに実力をつけているんじゃなくて、「もともと持っていたポテンシャルが高いから、昇格していく」の方が、影響度が大きいんじゃないでしょうか?



つまり、下図のようになります。



ピーターの法則②



ポテンシャル「小」君(青色)から説明しましょう。



ポテンシャル「小」君は、主任レベルのポテンシャルを持っていました。

なので、平社員時代はとても有能であり、一目置かれる存在でした。


平社員としては有能なので、主任に昇格しました。




しかし、平社員と主任の仕事内容は違い、部下たちの管理が上手くいかず、なかなか思うように事が運びません。


ポテンシャル「小」君は、図のように係長までのポテンシャルはありませんでした。ただ主任の後半ぐらいのポテンシャルはありました。



このため、部下からは「主任っちゃ主任レベルやけど、イマイチやな」と思われています。





次に、ポテンシャル「中」君(黄色)は、係長レベルのポテンシャルを持っていました。


ピーターの法則②



なので、主任時代には、有能な主任だと、部長達から一目置かれていました。

主任レベルの中では有能だったので、係長に昇格しました。



しかし、係長の仕事は、他部署との連携などが求められ、なかなか思うように事が運びません。

ポテンシャル「中」君は、図のように課長までのポテンシャルはありませんでした。しかも係長の前半ぐらいのポテンシャルしかなく…



部下からは、他部署との連携全然進めれない「めちゃくちゃ無能な上司やん」と思われています。




とこのように…

<ピーターの法則>
(1)能力主義の階層社会では人は能力の限界まで出世し、有能なスタッフは無能な管理職になる


とは…


「上司が無能」なのではなく、今いる階級では有能なので、上の階級(役職)でも上手くやるだろうと思い、出世させた結果、ポテンシャルを超えてしまい「無能」になってしまう…


わけです。



ということで…


「上司が無能」って当たり前なんですよ。




しかし、悲しいかな、悲劇はそれだけではありません。
('A`|||)



続く…。



◆◆人材育成系のブログはこちら◆◆







↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング



前回からの続きです。







職場で「なんでこんな無能な奴が上司なんだ?なんで役職就いとんねん」
(゚Д゚)ゴルァ!!


と思い、腹立たしく働いていませんか?



しかし、腹を立てても無駄。

それって当たり前の出来事なんです。



これは、「部下が優秀がゆえに、『上司が無能』と感じてしまう」とかではありません。




今回は「どうして無能な上司は存在するか」を書いていこうと思います。





まずは、有名な「ピーターの法則」について書いていこうと思います。


1969年、南カリフォルニア大学教授の教育学者「ローレンス・J・ピーター」が提唱したとされている法則です。




この法則は、組織構成員の労働に関する社会学の法則で、以下の3点に要約しているようです。



(1)能力主義の階層社会では人は能力の限界まで出世し、有能なスタッフは無能な管理職になる


(2)時が経つにつれ無能な人はその地位に落ち着き、有能な人は無能な管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は無能な人で埋め尽くされる


(3)ゆえに組織の仕事は、出世余地のある無能レベルに達していない人によって遂行される


のようです。



分かりやすくなるか自信ないですが、図にしてみましょう。




まずは、ポテンシャル君と役職階層の図です。

ピーターの法則①



最初は平社員のポテンシャル君。



実力が着いてくれば、昇格し、主任→係長→課長…と、徐々に役職が上がっていくと思います。


言いかえれば、昇格をし、さらに実力をつけ、さらに昇格をする。昇格したら、その役職でまた実力をつけ、さらに昇格をする。


そしてどんどん実力をつければ取締役になる…



といったところでしょうか?



ただ、そういうわけでもないようです。
(p_q*)シクシク





続きは、また次回。



◆◆人材育成系のブログはこちら◆◆







↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング



最近、株の売買をしなさ過ぎて、ブログを書く内容が無くなってきました。


もともと「人材育成や組織マネジメント」のブログも書いてますが、そっちの方は訪問者がほぼ「ゼロ」なので、この株雑記ブログでも合いそうな内容を、書いていきたいと思います。




無能な上司


皆さんの職場に「無能な上司」はいるはずです。

断言できますが、どこの職場にも絶対にいます。




もちろん、優秀な上司もいるでしょう…。

ですが、「無能な上司」というのは、絶対に存在します。


存在するような仕組みになっているからです。





なので…

この「無能上司が!!」(゚Д゚)ゴルァ!!


などと怒ってもしょーがないんです。これはどーしようもないからね。



幸い私は「無能な上司」の下で働いたことはありません(゚∀゚)アヒャヒャ。
(クソ無能上司ばっかり)




また、今までは「優秀な上司」だったのに、最近は「しょうもねー上司に落ちぶれたな」みたいなことは普通に起こりえます。


部下が「優秀」すぎて、上司を「無能」と感じてしまう…ということではありません。


平社員が出世していくと、どうしても生じてしまう「理(ことわり)」みたいなものです。



しかも、出世すればするほど「無能」になる可能性が高まります。




今回のシリーズでは、以下の4点について話していきます。

①ピーターの法則
②ピーターの法則の発展形(これは自分の考えで、根拠なし)
③本当に無能な上司
④出世する人と出世しない人


うまく説明できるか分かりませんが、頑張って書いていきたいと思います。



◆◆人材育成系のブログはこちら◆◆






↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング



ということに気づいたんですが、どうでしょうか?



つい最近、4歳の次女が「我々は宇宙人だ」というフレーズを発していました。


「どこで覚えてきたん?」


と思いましたが、なんか上手かったのでスルーしてました。




私は日本人で、妻も日本人です。

どちらとも地球人なので、次女は間違いなく地球人です。




「私たちはひっそりと地球に住んでる宇宙人だから、そこのところをよく考えて行動しようね、ネギ」



みたいなGANTZ的な話ではありません。





実は私は「戦闘民族」というドラゴンボール的な話もありません。



しかし、あることに気づきました。



そう…。




「我々は宇宙人だ」という言葉は、人類の知性をはるかに上回る知性を持っていないと出てこないフレーズだ、ということです。






「我々は宇宙人だ」



「宇宙」


それは、地球人の私たちの概念であり、地球外を「宇宙」と呼びます。

つまり「宇宙」という言葉を使うのは、地球人だけということになります。


宇宙人からしたら宇宙という概念はありません。





このため「我々は宇宙人だ」は、正しくは




「我々は(あなた達で言う所の)宇宙人だ」



ということになります。





さらに「宇宙人」というのも、些かおかしい気がします。



地球上で一番知性があり、地上に君臨しているのは「人類」です。



これは「たまたま」なだけであり、宇宙には人類以外が支配している場合もあると思います。



このため「宇宙から来た何か」を「人」と断定するには、あまりにも幼稚な考えとなると思います。


「人類」とは限りませんし、「生命体」であるとも限りません。




ということで「我々は宇宙人だ」は、正しくは




「我々は(あなた達で言う所の)宇宙(あなた達で言う所の)人だ」



ということになります。





しかし、宇宙人が発するフレーズである「我々は宇宙人だ」という言葉は…



「地球人が地球の外を宇宙と呼ぶことを知っている」
「地球では人類が地上に君臨しており、外からくる何かを〇〇人ということを知っている」



知っている上で…




「我々は宇宙人だ」




と自己紹介をする…。






赤子をあやす様に、3歳児に言葉を教えるように…




「我々は(いや、オレ達は実際には言わんけどね、あなた達雑魚地球人に分かりやすく言うと)宇宙人だ」



と、人類の知性を理解した上で、あえて省略して



「我々は宇宙人だ」



と仰って下さっている、超絶ご配慮のある、まるで神のようなお言葉ということになると思います。




これを飛躍させるとこうなります。


「我々は宇宙人だ」


という奴が、仮に本当に「宇宙人」であれば、地球で起こっていること、流行っていることなどを熟知しており、私たちの笑いの感性ですら知っている場合があります。


このため




「我々は宇宙人ですけど何か?」


的な「おぎやはぎ」っぽい自己紹介を入れてくるかもしれませんし、




「いやぁ、我々は宇宙人いうてますけど、頑張っていこう思うてますけども」


という、しゃべくり漫才師のような高度な自己紹介を入れてくる可能性もあります。


「むしろ地球語話せる、わいら宇宙人凄くね?」


と、マウントをかましてくるかもしれません。




「宇宙人」…


人類の叡智を超える者…




もし、お近くで「我々は宇宙人だ」という人がいたら







そいつは完全にオカシイやつですので、ご注意を。




というしょーもない雑記も書いてます。
カテゴリ: 雑記





◆◆ラーメンはやっぱり食べたい◆◆





◆◆庭の雑草にはこれが長持ちでした◆◆








↓↓応援クリックお願いします‼
にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


長期投資ランキング


このページのトップヘ